ピアノ発表会の写真

2014年09月01日

ぐりも子どもの頃からのピアノ発表会の写真が、何枚も実家にあります。
ほとんど・・というか、どれも弾いている横顔と、みんなで整列してまじめな顔をした集合写真。

ぐりの教室も、過去の発表会は、同じスタイルでした。


マンネリだなー。


企画当初から、様々な事情により、参加人数が大幅に減ったという異例の事態でしたが、
ともあれ、久しぶりのホールでの発表会。


これはチャンス!!


ぐりの教室の生徒さんの中には、みんなと同じ動作や、カメラ目線が難しいお子さんもいらっしゃり、
それが特別に目立つことなく、しかも、みんな自然な笑顔でリビングに飾りたくなるような思い出の写真にしたい。。。

でも、そんなお願いをきいてくださる写真家さんなんて、いらっしゃるかしら・・・。



いらっしゃいました!!!



かつきしょうへい さん。
おでかけふぉとぐらふ 福岡の家族写真出張撮影 http://odekakephoto.com/


HPのギャラリーの写真をみて、「このヒトでしょーっ!」(笑)



「よいしょ、こらしょ、よいこらしょ!」

みんなで大きなかぶを抜いています。




家族での思い出に ということで、
ご家族それぞれにピアノを囲んで記念撮影をしました。

ピアノを弾いているお子さんを笑顔で見守るパターンと、
皆さんでカメラ目線パターン。

かつきさんと二人、汗だくで盛りあげました(笑)



みんなでジャーンプ!!!のパターン。

松葉づえの彼も跳んでた(笑)




画質の粗さと、ネットですので遠目の写真、ご勘弁くださいませ。
(実際にはデータも頂けるので、ご安心を)

他にもたくさん、ドキュメントということで、
観客席でのご家族や、控室で騒ぎながら準備している様子なども撮影して頂きました。

元生徒さんたちから、「私もこんなのが欲しかった!!」という声が聞こえそうです(汗)
ごめんよ、みんな。


ぐりが子どもの頃、何かの拍子に発表会の写真を見返すことはありましたが、
特別盛り上がるということもなく、ふーん・・・という程度で、
また押入れに戻していたときの あの味気無さ。

それは、ぐりが、まだまだ子どもだったせいもあるのでしょうが、
発表会までの過程や、当日も、それほど思い入れがなく、
そのためのレッスンも、ただ間違えずにうまく弾くことだけを求められていたからだったように思います。

そして、形式的な流れと写真。

こんな素敵な写真だったら、見るたびにいろいろ思い出せますよね。


かつきさんには、生徒さんたちが、将来写真をみたときに、
ご家族で思い出を語り合えるような見事なベストショットの数々を撮って頂けました。

そして、生徒さんにもご家族揃っての記念の1枚にして頂けたと思います。

楽しい発表会でしたね。



*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○

写真家 かつきしょうへい
おでかけふぉとぐらふ 福岡の家族写真出張撮影 http://odekakephoto.com/  


Posted by ぐり先生 at 18:35Comments(5)お気に入り

子どもミュージカル

2014年08月11日

16年ぶりにミュージカル『大きなかぶ』を再演致しました。

配役の顔ぶれが揃うタイミングって、
何年やってても、そんなにあるものではありません。
もちろん、ピアノ伴奏も生徒さんにお願いしています。

そして今回、たまたま巡り合わせたみんなと、ご一緒することができました。

16年前も感じたのですが、みんなミュージカル好きね(笑)

本番は緊張や照れもあったりしたようですが、
練習のときは、とても積極的に取り組んでいました。

ピアノもそのくらいやってくださいな(笑)


おじいさんは、夏休みに入ってすぐに足を骨折するというアクシデントに見舞われました。
「きみ、ずっと出ずっぱりなのに、どうする?」 「うーん・・・どうしよう・・・」

すごく悩みましたよ、

10分くらい(笑)

椅子に座って出演することにして、急遽、それに合わせて振付も変更。
変声期を迎え、キーがギリギリでしたが、大きな声でソロやセリフをこなし、
小さい子たちをグイグイ引っ張ってくれました。


おばあさんは、骨折の話と振付変更の話を聞いて、
まず第一声が、「かわいそうやね」だったことが、ぐりは嬉しかったです。
「えー」とか「うそー」とかじゃなくて。

思春期を迎え、恥じらいながらも
大きな声でセリフを言って、これまたみんなを支えてくれました。


まご娘さんは、レッスンのときは、チョーおしゃべりなのに(笑)
人前だとドキドキして、控えめになっちゃう意外さ。

失敗しても、全く引きずらない明るさをぐりは買っています。
いつでも笑顔なのがいい。

ピアノの練習より、ミュージカルの練習のときの方が、イキイキしていました。おいおいっ!


イヌさんは、カブを抜くときに、まご娘に触れていませんでした(笑)
えええええ?!そんな年頃だっけ(笑)

「先生が、どこを持つって教えなかったから、って言ってました」と、後で、お母さんから。

むふふふふふふふふふふ。 そーなん?かわいいもんね、まご娘(笑)

舞台そでで、年下のコたちをかまってくれていたのを ぐりは見逃していません。


ネコさんは、リハーサルで、堂々とやってのけ、みんなが触発されていました。

どんだけ好きなん?!(笑)ってくらい
毎週、ミュージカルの練習『だけ』を楽しみに通ってくれていました。

記憶力に優れ、全部のセリフをすぐに覚えて、
他の人のセリフを言わない、ということを教える、興味深いレッスンでした。


ネズミさんは、2か月の練習で参加してくれました。
「恥ずかしいな」なんて言っていましたが、大きな声でセリフを言えていました。

ミュージカルの練習で、少しずつ自信をつけているようにみえました。

子どもは子ども同士、お兄ちゃんお姉ちゃんたちを真似して、上手にできていました。
お母さんが、一番緊張して、気疲れなさったに違いありません。 おつかれさま


ピアノ伴奏は、レッスン9年目の生徒さん。
結構難しく、夏休みに入ってから、相当頑張った形跡が伝わります。

レッスンの途中で、厳しいことを言われて涙を流す場面が1度だけあったけど、
そのぶん、一層つながりが深まったように思います。
これは、二人にしかわからないことだけど。


そうそう、前回16年前、5歳でねずみ役だったモンチは、もう成人式を終えています。
ぐりもすっかり年とるわけですね。




もう、何年も前ですが、ふらりといらっしゃたクレイジーケンバンドの伊達弦さんと、
セッションさせていただくという、貴重な機会を頂いたことがありました。

その頃、自分の方向性が定まっておらず、煮詰まっていた時期で、
今とは全然違って、極度に緊張する ぐりでした。

「何やってんだー!自分の殻を破らなきゃ!」「ホラホラホラホラ!もっともっとー」と、
ドラムのスティックで背後からピアノの椅子をカンカン叩いて煽られて、
そして、初めて『自分の音』を出せた、と思えたことがありました。

「そーーーーーう!!」と、伊達さんの声に、ぐりの胸の中で少しずつ膨らむ何か。
今でもあの日の光景は忘れられない大切な宝物です。


そんな感覚って、本を読んでも、ネットを開いても得られるものじゃないし、
いつでもどこでも、何度でもっていう訳にもいきません。

子どもたちにも『感じる瞬間』が、あるといいなと思います。
キャラクターに関わらず、それぞれに。

その時わからなくても、後に経験したこととつながることもあるし、
答えは急がなくてもいいんじゃないかな。

知識や技術を得ることも大切ですが、心が動くこと、満たされることも大切にしたいです。


卒琢


ま、無理に殻を破らなくてもいいのですが、
もし、上手く破れないのであれば、外側からちょびっとでも手を貸せたらいいな。


いろんな形の『表現』を経験して、いつか自分を見つけてほしい。

そう考えています。  


Posted by ぐり先生 at 18:35Comments(8)お気に入り

発表会でした

2014年08月11日

去る8月3日、発表会を無事に迎えることができました。

お足元の悪い中、ご参加いただき、誠にありがとうございました。

それぞれのチャレンジの発表会として、準備に取り組んできました。



5月から始めて最短でのご参加。
夏休み入ってすぐに骨折をし、松葉杖をついてのご参加。
初めてステージでピアノを弾く生徒さん。
お引っ越しを前に、最後の発表会になる生徒さん。
そして、お子さんたちを緊張と笑顔で見守るご家族の皆さん。

今回も、たくさんのドラマがありました。

いろいろなキャラクターの生徒さんを
会場から温かく見守ってくださる皆さんに、本当に感謝いたします。

ありがとうございました。



  


Posted by ぐり先生 at 16:15Comments(0)お気に入り

ぐりむ家だった人

2013年02月03日

モンチが成人式を迎えました。
5歳から高校3年まで、厳密にはお姉ちゃんのレッスンを始めた3歳の頃から毎週会っており、
遠くの親戚よりモンチの日常をよく知っていたかも。

まだモンチがレッスンを始めて間もない頃、「こんにちはー」と玄関のドアを開けると、三つ指をついたモンチの姿が。
作法教室で習ってきたらしく、早い時間からスタンバってくれいたそうで、忘れられない思い出のひとつです。

しかし、あの頃から顔が変わってないな・・・(笑)


何気に組まれたモンチとお父さんの腕。

初めてお逢いした日から変わらないお母さんの笑顔。

お宮参りから二十年。

お祖父ちゃんお祖母ちゃんや家族を大切にし、目上の人を敬う
年下のコの面倒をよくみる、人の気持ちをよく考え、感謝を忘れない
気立てのいい、素直で感じの良い女性に育ちましたね。

遅くなりましたが、

モンチ、成人おめでとう♪  

Posted by ぐり先生 at 15:40Comments(3)お気に入り

音のある読みきかせ

2009年02月28日

モンチは5歳からレッスンしていて現在高校1年生。
先日成人式を迎えたお姉ちゃんと合わせると 
かれこれ14、5年くらいは毎週モンチのお宅にオジャマしていることになります。

ぐりが今日こうして 音楽に携わっていられるように 
長年あたたかく支えてくださった方々の中の貴重な仲良しご家族です。

そして、今からは全然想像もつかないくらい血の気が多かった(笑)ぐりの変遷をご存知の数少ない貴重な御家族です。

ぐりは、ピアノはもちろん上手に弾けるようになるにこしたことはないんだけど、
そんなことよりも、もっともっと 音楽をとおして触れ合うこと・・・
肌で温度を感じることも大切にしたいと思っています。



孤独にひたむきにピアノに向かって響きの追求をするのもいいけど、
だれかと音や声、息を合わせるのも またいいっ!!!
だからレッスンでは連弾、発表会ではアンサンブル、手話など、
思いつくことはいろいろやってきました。

モンチが幼稚園で、お姉ちゃんが6年生のときの発表会では
小学校高学年の人数が揃っていたので 
子どもミュージカル 「おおきなかぶ」を上演したこともありました。
もちろん伴奏は生徒さんのピアノです。

当時最年少モンチ・・・しっぽをフリフリして登場するネズミ。 

最近の発表会は時代の移り変わりとともにレストランやフロア会場での
レクレーションスタイルになっていますが、
ぐりが子どもらにさせたい!見せたい!と思ったこと
それら全てをいつもご理解くださり 毎回二つ返事でご協力くださる、そんなモンチファミリー。
先日の発表会でアンサンブルをお願いしたところ、
読み聞かせをしてみようかなーってご提案をいただきました。


発表会です。
ママの読み聞かせにモンチが音をつけましたicon64

モンチのママは目の不自由な方のために 
朗読を録音するというボランティアをなさっています。
県立図書館での厳しい講習会icon10
にも参加なさっているそうです。



練習風景。

お仕事もお持ちだし、受験生もいらっしゃってお忙しい中
モンチのレッスンの後にお時間をつくっていただきました。

うしろから見てて とっても楽しそうな二人icon194




手描きの楽譜。
襖をあける音や怖いもの自慢のヘビなどの効果音。
おどけた様子などのBGM。
子どもの頃 少し習っただけというママがイメージして創ってくれました。
シンプルな音でつくられてたけど だからこそリアルに想像できます。
ソソ〜ラソ〜ラソ〜ラ うっさぎぃのだぁ〜んすぅ♪ 
なんてフレーズもでてきたりして。

落語の「まんじゅうこわい」
まんじゅうが怖いっ!て、みんなに山ほどのまんじゅうをもってこさせ ニコニコしながらたいらげて
最後は「お茶が怖い!」ってお話。
現代風に「ケーキがこわい」に書き直してくださいましたface08
お茶は紅茶にicon153  ぐりはお酒で…
登場人物の名前はモンチと モンチのお兄ちゃん、お姉ちゃんの愛称になっていました。


ぐりが、レッスンを通して伝えたかったことをカタチにしてくださった。


そんな思いに感激と感動をおぼえ、感謝の気持ちでいっぱいになったできごとでした。
本当にありがとうございます。  

Posted by ぐり先生 at 03:41Comments(0)お気に入り