発達障害の子が趣味をもてるようなアプローチ

2013年09月29日

1年生Aくん。お母さんのご要望により写真の掲載は控えさせて頂きます。

ぐりの教室に通ってくださるようになって3年目になりました。

毎週、テキストを見なくても弾けるほどに仕上げてくるし、
本を開く合間に、以前に合格したお気に入りの曲たちを弾く様子から、身体で覚えるまで相当に弾き込んでいると、わかります。


「ふーん・・・」

子どもたちは、譜面台の隙間からピアノの中をよくのぞいていますが、
指を見なくても曲が弾けるとハンマーの動きに注目することができ、一層興味深さが増すようです。

自分で弾いて、自分の目で確かめています。


「こっちで弾くと、どうかな?」

ピアノランド3の『コロコロコロッケ』を高音部で弾いてみる。

「ねずみさんのコロッケは小さすぎて、先生、お腹いっぱいにならん・・・」

「わはははっは!!! 低いとこで弾いてみるよ」


「う、ライオンさんのコロッケ大きいね、全部食べれるやろか・・・あーむっ!!」

「ぐふふふ、この曲も弾いてみる」ピアノランド3の曲を次々と低音部で。ほとんど暗譜しています。

「そんなん怖くて遊びにいけるかいっ!」


わはははhっははっははhはは!!!!!  ( ´∀`)人(´∀` )


元気に外を走り回ったり、ひょうきんなキャラクターですが、
「ボク、この曲好きなの」と、彼が選ぶ曲は、しっとりした曲が多いです。

『大きな古時計』も、お気に入りのひとつです。

「ねぇ、なんでこの時計とまっちゃったのぉ?」
「うーん、なんでかなぁ。キミは、どう思うの?」
「こわれちゃったの?時計、まだあるのぉ?」
「どうやろねぇ」

素敵な疑問です。
国語のお勉強なら模範解答があって、マルかバツを付けられちゃうんだろうな。
ぐりは、問いかけたままにしておくことも多い。

これから先も幾度となくこの曲を聴くだろうけど、そのたびに考えて欲しい。
彼が、いくつになっても。
答えは、その時々で違ってもいいと思っています。

余談ですが、『ちびまる子ちゃん』の「大野くんと杉山君」の回でも出てくるこの歌。
まるちゃんの『大きな古時計』の解釈も、ぐりは素敵だなと思います。
すっごく限られた人にしかわからん話で、あいすみません。


楽器、音楽を学ぶということに関して、
模範的かつ ぐりが理想とするレッスンをこなしています。

2年前、出会った頃の彼は年中さん。

車で片道1時間弱の道のり。
眠くて駐車場からメソメソしながらやってくることも多かったし、
パニックを起こして鼻血を出したこともありました。

ピアノを弾きながら、うつらうつらすることもありましたし、
体調の悪さも重なって、部屋のすみっこに座り込んだままのこともありました。

まだ歩き始めたばかりの下のお子さんを抱え、彼の背中を押す小柄なお母さん。
そんな状態が2、3ヶ月続くなか、
どんなにグズっていても帰るときはニコニコしていることだけが、せめてもの救いでしたが、
毎週教室に辿り着くまでのお母さんのお気持ちは、想像するに難くありません。

ちょうどその頃 幼稚園のクリスマスの劇で、
ちょっとしたことから隣のお友達と小突きあいになり、
すっかりスネてしまった彼だけ、自分のセリフを言えなかったということがあったそうです。

本人はどうかわかりませんが、
小さな一つ一つが何か親子で挫折感を感じてしまう今日この頃です。
一瞬一瞬を楽しんでトータルで楽しい日々にしてほしいと思います。


お母さんのメールからは、徒労感とやるせなさがにじみ出ていました。

あまりにもたくさん『できない現場』を目撃すると、気持ちが萎えて傷付きますよね。
その頃のお母さんは、疲れ果てているご様子でした。

眠い、上手くできない、わからない、疲れた、お腹すいた、ドキドキする、驚いた・・・
些細なことと思われることでも『怒る』という感情表現につながってしまう凸凹くんたち。

その頃の彼は、ぐりが隣で一緒にピアノを弾いたり、拍をとったりすると
「もぉー、しないで」と、怒っていましたし、
リズムやソルフェージュの時も、よく聞き取れないためか「もぉー」と、よく言っていました。

インプットの困難によるアウトプットの困難。

眼のトレーニングと耳の刺激により、半年過ぎたあたりからレッスンに積極的になってきました。

変化としては、楽譜を見て弾くようになったこと。
コレは、凸凹くんたちには意外と難しい場合もあります。

あとは、言葉や音を明瞭に聞き取れるようになったことで、歌うことが楽しくなり、
「ねぇ、あれ歌いたーい!」と、レッスン後もずっと鼻歌がでるようになったことです。

それと同時に感覚刺激を強く求めるようにもなりました。

ガターン!と大きな音をたててコケてみたり、
ぐりにベタベタくっついてジャレるようになったのも、この頃です。
これは仲良くしたいという気持ちもあるのでしょうけどね。

今では全て改善し、冒頭のように楽しく充実した時間を過ごしています。


ストレスフリー

凸凹くんたちは、落ち着いた環境では能力を発揮し、たくさんのことを吸収します。
そしてそれが自信につながり、別のことや、他の場所でもスムーズに行動できるようになるのです。

教室ではできなくてもいい。
よそで誰かに褒められたときにこそ、レッスンが生かされます。
ドアを開けた瞬間から、常にピアノだけにとどまらない働きかけを心がけています。


レッスン開始1年後には、本来の朗らかな彼になって、
幼稚園では『ムードメーカー』と言われるほどの存在になりました。

そしてなにより、お母さんの表情が柔らかくなったことにも、とても安心しました。


1年生になったAくんは、学校が毎日楽しそうです。
気持ちの切り替えも、ずいぶんと早くできるようになりました。
お母さんからすると、まだまだなのだそうですが、お母さんはそれぐらいの気持ちで、
周りから見ると大丈夫ってくらいがいいのかもしれませんね(笑)

「ボクねぇ、ピアノ大好きなの。
毎日学校から帰ったらねぇ、ずーっと弾いてんだよ」


彼が、ぐりのピアノで遊んでいる姿は、幼い日のぐりとカブります。
ぐりの先生には、彼のようなことをさせてもらえませんでしたけどね。。。

新しい曲になる度、弾けるようになるのはものすごく大変なことなんだろうとは思いますが、
練習もくじけそうになりながら諦めずに頑張っています。


最近のお母さんのメールには、こう書かれていました。

Aくんがピアノに取り組む様子の内容でしたが、
ぐりには、彼のお母さんが、彼に対する日々のお姿そのもののように感じられたのでした。

子どもは親の鏡です。

『諦めずに練習する、そして合格する』

という幼い頃からの努力と成功体験の積み重ねが、
彼の根っことなり、自分で自分をしっかり支えられるよう地中深く張り巡らされ、
10年後、20年後には必ず夢と希望の若葉が色濃く生い茂ることでしょう。

好きなこと、夢中になれることをひとつもつということが、
凸凹くんたちを救い、また親御さんたちも救われるということになるのですね。

そこには、見えない部分でのお母さんの頑張りがあってこそなのです。

久しぶりのよく弾ける生徒さんに、ぐりも腕がなります。

Aくん、ぐりはいつでも応援しています。

ありがとう。


同じカテゴリー(療育ピアノレッスン)の記事画像
春遠からじ
やってやれないことはない
そして普通級へ
ピアノで磨かれる感性
実りの秋 発表会の収穫
臨機応変の学習
同じカテゴリー(療育ピアノレッスン)の記事
 春遠からじ (2017-04-25 21:00)
 やってやれないことはない (2015-05-01 12:12)
 そして普通級へ (2015-03-31 15:15)
 ピアノで磨かれる感性 (2015-02-16 15:38)
 実りの秋 発表会の収穫 (2014-10-20 23:58)
 臨機応変の学習 (2014-09-08 18:35)

この記事へのコメント
好きになるには、先生のことも好きじゃないと。
うーん、先生が好きだからピアノも好き、かなww
Posted by nao at 2013年09月29日 21:26
資格や肩書きというものが、子どもにとっていかに無意味なものか。
子どもは正直です。
みんな、先生が大好きなんですね。
Posted by なかじー at 2013年09月30日 20:38
まるで心の柔軟剤、または足りない栄養を補うサプリメントみたいな方ですね。

ぐりさんの教室に通うことで、日常の歯車も上手く回り始める、
といった感じでしょうか。
Posted by ぐっさん at 2013年10月01日 11:04
発達障害だけでなく、癌やうつの生徒さんも通っていらっしゃるとか。

とても自然でおおらかなぐりさんとお会いするだけでも、皆さん少しずつ自分を受け入れられるようになるのでしょうね。

私もその一人です(^-^)
ありがとうございます。
Posted by 茉莉音 at 2013年10月01日 14:20
なんだか切なくて涙がでました。
頑張りやさんのお母さんだから先生と巡り会えたのでしょうね。
先生のレッスンを受けて伸びていくお子さんの姿に、お母さんも自信がわきますよね。

ぐり先生のような方を発達障害のペアレントメンターと呼ぶのだそうです。

でも、先生は『素』のお人柄そのままですものね。

どなたかのコメントにありましたが、発達障害でも介護でも、当事者にとっては資格や肩書きなどは関係ないのですよね。
本当にその通りだと思います。
Posted by なっちママ at 2013年10月06日 22:58
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。