劣等感の塊

2014年06月20日

しゅーちゃん、1年生。
ぐりの教室に通ってくださるようになって、もうすぐ1年です。
年長さんだった しゅーちゃんは、とても恥ずかしがり屋で、あがり症で、とても怒りんぼ。
スグ立ち上がったり、部屋の隅っこにうずくまったり、
腕を組んでそっぽを向いて「ボクは嫌なんだ」と、癇癪を毎週繰り返していました。


「だってボク、どうせできないんだもん」

たった6歳にして、こんなにも強い劣等感を抱き、心を閉ざしているのかと思うと、胸が痛んでなりません。

「せんせい、ボクの気持ちわかる?」

しゃくりあげて泣く しゅーちゃん。


もう、教えてもらうことすら、抵抗を感じている様子。
凸凹っ子たちの多くは、間違えるということに ことさら過剰なまでの反応を示します。

『失敗するからやらない』 『失敗したくないからできるのにやらない』と、
頑な姿勢をとってしまい、場の流れを止めたり、むやみに叱られてしまったりと、
悪循環に陥って、状態は更にひどくなる一方です。

年齢が上がり、集団生活を長く経験してからレッスンにいらっしゃる生徒さんほど、
大人が想像する以上のダメージを受けていることは多いですね。

まずは怒る、泣く。

このパターンがすっかり出来上がった状態だった為、
しゅーちゃんは、この1年、ほぼ、こういったことに時間を費やす日々でした。
上書きするってだけでも、生徒さんにとって本当に大変な作業ですが、
その前に、かたく閉ざされた心をほぐすのに、とても時間がかかりました。
教室に来るまでもグズグズ言って、お母さんも毎週、さぞやグッタリだったことと思われます。


幼稚園を休みがちだった、しゅーちゃん。
家で何をしているか尋ねると、「iPadでゲームしてます」というお母さんに
「言わないで!言わないでよー!
ズル休みだと思われたくないんだよー!」

と泣きだした ことがありました。

自分の状態、状況は、『彼なり』には理解しているのでしょう。

しゅーちゃんのお母さんは、長年のストレスから眠れなくなったり、考え事が止まらなくなったりと、
体調を崩してしまわれています。
しゅーちゃんの向上といえども、それは『変化』になり、
それが、お母さんにとってはストレスやプレッシャーにもなってしまうということがあります。

安定を求め、変わらないことを選択する。たとえそれがどんなに過酷な状況であろうとも。

しゅーちゃんが、少しずつ自分をコントロールできるようになれば、
お母さんも心が安らげるだろうと、思っています。

「自閉症の本を読んでいて、この人たちの身体症状って、わかる!と思ったんですよ。
私も虚弱で、子どもの頃、ここに書いてることとおんなじでした」

と、先日、しゅーちゃんのお母さんが、こんなことを仰ってくださいました。

発達障害のことを『子どものこと』としてだけでなく、
ご自分に置き換えてみるという目線を持ってくださることに、とても前向きさを感じます。
そうすることで、お子さんへの理解が深まると同時に、
お母さんご自身のことでも、今まで気付かなかったことが見えてくることがあります。

『自分を知る』ということは、新たな発想のきっかけになるのではないでしょうか。


1年生になった先日、しゅーちゃんが、手のひらをマジックでガシガシと真っ黒にしてきたことがありました。
まだ真新しい筆箱もお揃いの姿に様変わり・・・。

運動会も終わり、どの学校も授業が少しペースアップする時期です。
玄関を開けた時の しゅーちゃんの顔から日に日に表情がなくなっていくのが気がかりです。

授業中、どうしているのか尋ねると、「やってみようとは思うんだけど、、」
しおらしくしている しゅーちゃんですが、
『ただそこにいるだけ』の時間を毎日過ごしているのかと思うと、やるせなさでいっぱいになります。


学校は、なんとなくこなしてくれたらいいと個人的には思っています。
ただ、これだけは続けられた、というものを一つでいいので、見つけてくれることを願っています。
それが後々大きな自信になるのです。そういう方向付けをしていきたいと思っています。


どんなに泣いたり怒ったりしても、「ボク、もっとピアノ弾きたかったなー」と、
いつも名残り惜しそうに帰る しゅーちゃん。

ひらがなの練習をしながら、「ボクね、学校では丸がいっぱいのプリントもあるんだよ」と、ヒソヒソ。

うんうん、知ってるよ。

しゅーちゃん。
いつもを応援していますよ。
ありがとう。


同じカテゴリー(療育ピアノレッスン)の記事画像
春遠からじ
やってやれないことはない
そして普通級へ
ピアノで磨かれる感性
実りの秋 発表会の収穫
臨機応変に~ハプニングにも学びあり~
同じカテゴリー(療育ピアノレッスン)の記事
 春遠からじ (2017-04-25 21:00)
 やってやれないことはない (2015-05-01 12:12)
 そして普通級へ (2015-03-31 15:15)
 ピアノで磨かれる感性 (2015-02-16 15:38)
 実りの秋 発表会の収穫 (2014-10-20 23:58)
 臨機応変に~ハプニングにも学びあり~ (2014-09-08 18:35)

この記事へのコメント
ぐり先生のお教室を続けられないって、
よほどのことだと思います。
Posted by フェリーチェ稲森 at 2014年06月21日 20:58
発達障害と関わるのは、本当に大変だと精神福祉医療関係に携わる者としても思います。

お子様よりも大人の方(保護者)の方が、二次障害などの複雑な要因が絡み、トラブルの発端となることも多くございます。

そのような方からの危害にお気をつけ頂くとともに、どうぞお体をお大事に、一人でも多くのお子様の笑顔の為に、今後もお教室の発展を心よりお祈り致しております。
Posted by 海江田 at 2014年06月22日 13:33
ぐり先生のところのようなレッスンは、なかなか受けられません。
Posted by デイジー at 2014年06月23日 19:28
障害プロデューサー。
と言っても、生徒さんや保護者のどんな失礼なことにも、
ただ黙って受け止めて、ひたすら生徒さんの笑顔の為だけにレッスン。
かといって全然偉そうにしないし、肉体労働だね。
常にレッスンのことを考えて、勉強している姿を誰にも見せない。
頭が下がるよ。
Posted by ぐっさん at 2014年06月23日 20:07
ぐり先生みたいなピアノの先生になるのが私の夢です!
Posted by nao at 2014年06月23日 21:47
お母さんが、そのような精神状態でも、ぐり先生を選ばれたことが救いですね。
早くご回復なさって、子育てを楽しんで頂きたいです。
子どもは、すぐ大きくなりますから。
Posted by 茉莉音 at 2014年06月29日 12:30
言わない優しさ、見なかったことにする優しさ、気づいてないと思わせる優しさ

愛と厳しさは表裏一体。
笑ってる時が怖いwwし、叱ってくれww
Posted by ニシダヒガシダ at 2014年07月01日 22:35
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。