発表会の写真 こぼれ話

2014年09月02日

トオルくん、5年生。
彼は、難治性の病気と共に生きています。

発表会で、作文を発表してもらいました。

最初の1行だけ手伝って、
後は、トオルくんが自分の言葉で書いた文章です。


ぼくは、今、5年生です。
3年生の12月からピアノを始めました。
最初は下手でした。
緑色の本になってから楽しくなりました。
自分から「ピアノをやりたい」と言いました。
今は、やって良かったなぁと思っています。
発表会の曲は、とてもむずかしかったです。
今までで、一番練習しました。
そしたら上手になりました。
今、ぼくは、ピアノをひくと、もっと弾きたいと思います。
今日は、ぼくは、初めての発表会です。
きんちょうするけどがんばります。



『最初は下手でした』『そしたら上手になりました』 と、
自分が素直に感じたままを書いているところが、とても好感をもてます。


後日、お母さんが発表会の写真を選びながら
「トオルは、写真があんまりないけんねぇ」と、ポツリ。

生後、間もなく手術をしてから入退院の繰り返しだったトオルくん。
あぁ、そうか・・・と、胸がつまりました。

筋肉が弱いのも症状の一つだそうで、
ピアノを始めた当初は、か細い指でバラバラに動くはずもなく、
小さい音を出すのが精いっぱいでした。

もちろん体力もなく、学校だけで消耗し、フラフラでやってきては、
ピアノの前で、うつらうつらしたかと思うと、ゴンッと頭をぶつけたり(笑)

手指が硬く突っ張った状態だったトオルくんを知っているお友達が、
ピアノを弾くトオルくんをみて、大変に驚かれたそうです。
また、ミュージカルをしたり、カメラに向かって笑顔でピースする姿にも
ビックリなさったそうです。

「以前はカメラなんて向けたら、スグうつむいて拒絶でした」と、お母さん。


えええええええええええええええええーーーーーーーーーーーっ?!
どんだけ暗いコやったと?(笑)


なんて。

体験レッスンに来たときのトオルくんを思い出されます。
ずっと黙ってうつむいたまま、鍵盤の下にあるツマミをネジネジネジネジ・・・
取れちゃうかと思いました(笑) うそだよん。

「私も、この子がそうだったって、最近忘れてきましたけど」なんて、お母さん。

いえいえ、そんなことは・・・と、また胸がつまります。


彼が発表会で演奏した曲は、『ピアノランドマーチ』『踏まれた猫の逆襲』の2曲です。
音楽的にも非常によく弾けていました。
全員2曲のノルマでしたが、それをこなしたのは彼だけでした。
1年半前は指が動かなかった彼が、どれほど『じょうずになった』かをお察し頂けると嬉しいです。


写真ひとつとってみても、聞いてみないとわからないことってありますね。

お母さん方が、皆さん、楽しそうに写真を選んでいらっしゃったお姿に、
ぐりも隣で見ていて、とてもハッピーな気持ちにさせてもらいました。

そして、改めて写真の良さを感じたのと同時に、
たくさんの人を笑顔にしてしまうような写真を撮ってくださった、
かつきしょうへいさんに撮影をお願いして良かったと心から思っています。

みんなありがとう。


*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○

写真家 かつきしょうへい
おでかけふぉとぐらふ 福岡の家族写真出張撮影 http://odekakephoto.com/

タグ :療育

同じカテゴリー(療育ピアノレッスン)の記事画像
春遠からじ
やってやれないことはない
そして普通級へ
ピアノで磨かれる感性
実りの秋 発表会の収穫
臨機応変に~ハプニングにも学びあり~
同じカテゴリー(療育ピアノレッスン)の記事
 春遠からじ (2017-04-25 21:00)
 やってやれないことはない (2015-05-01 12:12)
 そして普通級へ (2015-03-31 15:15)
 ピアノで磨かれる感性 (2015-02-16 15:38)
 実りの秋 発表会の収穫 (2014-10-20 23:58)
 臨機応変に~ハプニングにも学びあり~ (2014-09-08 18:35)

この記事へのコメント
お母さんも埋められなかった幼少期の子育ての段階的な楽しみを
トオルくんのピアノで少しでも埋めていけてるといいですね。。
Posted by 真島 at 2014年09月03日 10:01
彼にとってピアノは自信が持ててるってことだね。
Posted by なかじー at 2014年09月03日 14:35
ぐりさんは、自身のピアノの演奏技術も素晴らしく高いけど、
多動、癇癪、知能、目、足、動かない指、言葉の遅れ
本当に指導の引き出しが多いですね。

トオルくんは、ピアノを始めて心が満たされることを知ったのだろうね。

心だよな。
Posted by ぐっさん at 2014年09月04日 09:25
リハビリ、カウンセリング、療育、勉強、そしてピアノ。

確かに引き出しスゴすぎww
Posted by ニシダヒガシダ at 2014年09月04日 22:48
病気や障害には、薬や治療だけでは補えない面がありますね。
トオルくんのピアノに一番励まされているのは、お母さんかもしれませんね。
Posted by 茉莉音 at 2014年09月07日 18:16
ぐり先生がトオルくんを笑顔にして、トオルくんがママを笑顔にして、ですね。
Posted by nao at 2014年09月07日 20:27
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。