臨機応変に~ハプニングにも学びあり~

2014年09月08日

リョータくん、6年生。
夏休みに入ってすぐに玄関のドアを開けると、
松葉杖をついて、足に包帯をグルグル巻いた姿で立っていました。

「んはあ゛あ゛ぅぅぁああぁあああ!!マジですか?!」

思わず奇妙な声で叫んでしまいました。

リョータくんには、ミュージカル『大きなかぶ』のおじいさん役をお願いしていたのです。
唯一ソロの場面もあり、ステージに出ずっぱりだったのです。


この夏、急激に身長が伸び、変声期も訪れたようで、
歌のキーでは、日に日に声が出にくくなってもいました。

年頃にしては嫌がる素振りも全くなく、感情を込めてセリフを言ったり、
大きな声で伸び伸びと歌い、踊る姿に、
リョータくんの新たな一面を知ることとなったのでした。

なのに骨折!!!

発表会は2週間後。


ピーーーーーーンチ!!!


の、ふり(笑)


リョータくんと二人、いつものようにピアノの前に並んで座り、


深刻な相談


の、ふり(笑)


ぐりの頭の中では、松葉杖の姿を見た時から答えは決まっていました。
動けないなら座ってやればいいだけのこと。

ですが、すぐにそれを言ってしまったのでは、
自分の不注意で招いた事故が、どういう事態になるのかを考えないままになってしまいます。
初めてのギプスに松葉杖状態でテンションが高めですしね。

「どうしよっか?」 「うーん・・・」

可哀想ですが、困った雰囲気と、ちょっと怒った雰囲気を。

何と言えばいいのか、というよりも、
そもそもどういうことなのかが、彼にはよくわからないのでしょう。

ですが、彼の今後を考えると、印象に残るような経過のアプローチをすることが最善です。

「あと2週間。 代役はいません。
きっと、歩くのは無理でしょう。
代役がいれば、あんなに頑張って練習したけど、出たいのに出られないってこともあるわけ。
でもね、今回はボクしかいないわけ。
できないってのが、一番困るのよ。
だから、どうしたらできるかな?ってことを考えよっか」


「じゃぁ・・・座ってやります」

言わせました、ちょっと無理やりですが(笑)

本番まで2回のレッスンでしたが、振付変更にも動じることなく、堂々と演じていました。
自分に自信があることと、責任感があることの証でしょう。。

彼の演技を観たお母さま方が、「おじいさん役の男の子が、グイグイ引っ張ってる感じでしたね。スゴイですね」と、口々に褒めてくださいました。


2年生の終わりから始めたピアノ。
見違えたのは、リョータくんだけでなく、お母さん。
ここまでいろいろありました、本当に。

「発達障害の集まりに行っても、
お母さんたちと話してみて、表面上は受け入れてるようにみえるけど、
本心は違うんだなってことを感じることが、よくあります」


こんな言葉をお母さんからお聞きして、あぁ、ぐりが言うことはもうないなって思いました。

「やっぱり、(親が)自分で気づかんとね」とも。

うんうん、そうかもしれません。
リョータくんのお母さんのように、素直に反省の言葉を口にできるって素晴らしいですね。
思いがけない嬉しい言葉に胸がいっぱいで、うなずくだけでした。

きちんと挨拶ができて、礼儀正しく、素直で謙虚。

お父さんと、お母さんのなさる通りに、彼はやっているだけなのだけれど、
それが、今では彼の一番の強味になっています。
子どもは育てたように育ちます。

スポーツ系と、ピアノの習い事だけで、ここまで適応力を身につけることは、なかなか容易なことではありません。
このご両親、そして、ご家族の結束あってこそのことです。

発表会の翌日は、ご両親揃って筋肉痛だったとか(笑)
お疲れ様でした。
リョータくんは、ミュージカルで、お父さん、お母さんを驚かせようと、頑張っていましたよ。
いろんな意味で、思い出に残る夏休みになりましたね。


同じカテゴリー(療育ピアノレッスン)の記事画像
春遠からじ
やってやれないことはない
そして普通級へ
ピアノで磨かれる感性
実りの秋 発表会の収穫
発表会の写真 こぼれ話
同じカテゴリー(療育ピアノレッスン)の記事
 春遠からじ (2017-04-25 21:00)
 やってやれないことはない (2015-05-01 12:12)
 そして普通級へ (2015-03-31 15:15)
 ピアノで磨かれる感性 (2015-02-16 15:38)
 実りの秋 発表会の収穫 (2014-10-20 23:58)
 発表会の写真 こぼれ話 (2014-09-02 18:53)

この記事へのコメント
世間は錦織圭選手とコーチの話で沸いてるけど、
どんな先生に就くかで、将来は大きく違うよね。
Posted by ぐっさん at 2014年09月08日 22:44
同じ内容でも教え方で全然違うよね。
中学生でも、挨拶しましょう、返事をしましょうとか初歩的なことできない子どもたちはざら。

にしても、素晴らしい親御さんだね。
ぐりさんとの間だけにわかり合える今までのストーリーがあるんだろうな。
Posted by なかじー at 2014年09月09日 20:24
発達障害のある成人の方が、自分勝手な判断ややり方で、どれだけ周りに迷惑をかけていることか。

子どもの頃から考え方の方向付けと修正をしてもらえることが好ましいですよね。
他人のダメ出しや要求にこたえる努力をする習慣付けですね。
個人レッスンのお稽古ごとの意義を理解しました。
Posted by 茉莉音 at 2014年09月10日 12:18
『転んでもタダじ起きない』

文字通りだww

社会に出るまでに、ぐりさんのところでコケまくれば、
それだけ適応力も身につくということかww
Posted by ニシダヒガシダ at 2014年09月10日 12:48
ミュージカルなんて素敵な経験!!!
Posted by 冨田 さゆり at 2014年09月11日 07:36
ぐりさんちって実はパワースポットですよねww
Posted by rio okubo at 2014年09月17日 10:49
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。