ピアノで磨かれる感性

2015年02月16日

「ボクねぇ、冬休みはピアノの旅にでるよ!」


1年前の冬休みにそんなことを言っていたAくん、2年生。
新しくブルグミュラーを渡した時の言葉でした。
冬休み中に、今までのテキストを全部おさらいするというのです。
なんて素敵な表現なのだろうと、心が温まりました。

同じ音楽、同じ本、同じ映画・・何度も繰り返して味わうたびに、
また違った発見があり、さらに味わいが深まりますね。

毎週よく練習をしてくるAくんです。
発達障害の生徒さんの中には、リズムが弱いタイプがいらっしゃるのですが、
Aくんもリズムパターンをなかなか覚えられなかったり、特定のリズムを引きずってしまったりと、
全身で四苦八苦する様子がしばしばみられます。

年中さんから始めたピアノ。
以前の彼なら きっと怒って泣きだしてしまい、レッスン中断ということもあったでしょう。

それが今では、必死な面持ちで、
できるまで諦めずに何度も繰り返す姿が見受けられるようになりました。

「ボク、そのリズムね、家でやってみたの」
と、指示されていないことも、自分で思いついて行動する、
そんなことまでできるようにもなっています。

毎週必ず向上させてきたり、できない箇所への取り組みをみていると、
『練習』の概念や『教わる姿勢』が、すでに備わっていることがわかります。

と言っても、ここまでの道のりは一言では語りつくせない程、大変なものでした。

レッスン時間より長い道のりで、どんなに眠くてグズグズ言っても、
毅然とした態度で、毎週Aくんの手を引いて連れていらしたお母さん。
毎日の練習の働きかけや、日々の徹底したフォローと見守りの積み重ねがあってこそです。

参照記事

この4年半で、Aくんの様々な機能の向上がみられます。

「ボクねぇ、学校の聞きとりのテストでねぇ、100点だったんだよ。
100点は、クラスでボクだけだったの」


ハニカミながら教えてくれたことがありました。

発達障害の特性上、聞きとるチカラが弱く、そのせいか、会話には困らなくても、歌うときは歌詞が出てこなくて、
最初の頃、歌の時間はいつも怒ってすねていたAくんの顔や、
初めて聞き覚えできた「パパバナナ、ママバナナ、コバナナ」と、
嬉しそうにずっと繰り返しながら帰っていく様子を懐かしく思い出されました。

今では絶対音感もついて、音色の微妙なニュアンスまでも拾い、
できる限り再現しようとするまでになっています。

曲の仕上げの段階では、ぐりもついつい熱が入ってしまい、
厳しい要求をしてしまうことがあるのですが、そんな時もガッツでついてきますし、
寧ろ、そういうときほど何かが通じ合った感じがして、
お互いに顔を見合わせてすがすがしく笑い、颯爽と帰っていくAくんです。

遊びの延長線上にある練習

ピアノに必要とされる基本的な運動機能が身に付き、面白さもわかってきたAくんからは、
どこかそういったものを感じさせられます。

自分でルールを設定して取り組んだり、
お母さんと決めたルールを工夫して乗り越えていくことを真剣に楽しむこと。

それが、単調な中からの新しい発見、
真似からの理解へと、物事の本質を深く探ることにもつながるのではないかと思うのです。

幼いころからのそういったものの見方や考え方は、遊び心やユーモアを養い、
将来、Aくんが、型にはまることなく、
自分のスタイルを確立していく基盤になるだろうと考えています。

どこかしら敏感
どこかしら人とちがう

弱みでもあると同時に強みでもあるそれらを
個性や自己表現として活かすために築き上げていく作業は、
社会に出るための道具をひとつひとつ手に入れていくようなものです。
早期に入手したものは、固定観念にとらわれず、
臨機応変に使いこなせるようにもなるでしょう。

Aくんとは、いくつか不思議なエピソードがあります。

それは、16年飼っていた愛猫が命を終えた翌日のことでした。
いつも通りにレッスンを終え、帰り際にトイレに行った当時1年生のAくん。
ごきげんな鼻歌が聞こえます。

「ふうーん。猫は、もう生き返らないんだよねー。ふっふふーん」

・・・ 一瞬、耳を疑いましたが、確かにそう言ったのです。

Aくんは、それまでに ぐりの猫を1度も見たことはありませんし、
もちろん猫が死んだことも一切話していません。

さらに鼻歌のボリュームを上げ、
トイレから笑顔で出てきたAくんに改めて問うことはしませんでしたが、
その晩、主人と二人、癒えぬ哀しみと介護の疲れに深く沁みた、
心温まる出来事となったのでした。

ぐりは、普段通り平静のつもりでしたが、
『いつもとは微妙に違う何か』を Aくんが敏感に感じ取ったのかもしれません。

それを『ひらめき』とか『直観力』と言ったりするのでしょう。

頭に浮かび、そのまま口にしたことの中には世間的に受け入れられ難いものもありますが、
人との摩擦を重ねることで引き出しを増やし、内面の成長を促せるのではないでしょうか。
それならば、理解を得られ、スグに適切な処置を施せる安全な場所の方が安心です。
ヒヤヒヤなさるお母さんの気遣いに、いつかAくんが気付く日がくるといいなと思います。

今後、Aくんがたくさんの経験を積み、質の高い感動体験をすることで、
その発想力は、より一層磨きがかかることでしょう。
それは同時に、たくさんある情報の中から取捨選択する能力を高めることでもあります。

努力に勝る天才なし
経験に勝る知識なし

Aくんにピッタリな言葉だと思います。
そして、それはお母さん譲りだということは、特筆するまでもありません。

マナーや礼儀、 練習の段取りや、何を要求されているかを読み取る、
それに向けての意識や行動、そこに伴う感動やふれあい

いま、Aくんは、社会で必要とされる多くのことをレッスンから吸収しています。

この先、成長の過程で苦しいこともあるかもしれませんが、
その時にこそ、ピアノで培ったものを活かせるようなたくましさを身につけてくれたらと願います。

ブルグミュラーに進んでからの、この1年のAくんの音楽的成長が、
お母さんにとっても、今までの努力が報われて、1つの自信につながることになれば、
それもまた、本当に心から嬉しく思います。

Aくん
ぐりは、キミの全く嫌味のないストレートな言葉にハッとさせられることがあります。
どうぞ今のまま、感じたことを自分の言葉で表すことをおそれずに。
また、言葉にできないときは、自分で音にしたり、音楽を選ぶことで気持ちを表現してください。

表現力をつけることは、人からの理解を得られ、つながりを深められることにもなります。
あなたの素晴らしさが、一人でも多くの人に伝わることを
ぐりは、いつも願っています。

ありがとう。


同じカテゴリー(療育ピアノレッスン)の記事画像
やってやれないことはない
そして普通級へ
実りの秋 発表会の収穫
臨機応変の学習
発表会の写真 こぼれ話
問題は状況ではなく、在り方なのです。
同じカテゴリー(療育ピアノレッスン)の記事
 やってやれないことはない (2015-05-01 12:12)
 そして普通級へ (2015-03-31 15:15)
 実りの秋 発表会の収穫 (2014-10-20 23:58)
 臨機応変の学習 (2014-09-08 18:35)
 発表会の写真 こぼれ話 (2014-09-02 18:53)
 劣等感の塊 (2014-06-20 13:58)

この記事へのコメント
継続は力なり

でもあるね。

立派なお母さん。
Posted by なかじー at 2015年02月17日 18:42
亡くなった祖母が、「好きな人ができたら必ずお母さんを見なさい」と、よく言っていた意味がわかりましたww
Posted by 守口 菜穂 at 2015年02月17日 22:27
知識やノウハウは手軽に得られる時代だけど、
そんな薄っぺらさは、見る人が見れば一目瞭然。
そんな輩は、どの業界にもいるよ。

子どもの頃から体に叩き込まれたことは、目を閉じていても勝手にやってしまうくらいに身に付いている。
だから家庭ももちろん、先生選びが将来を左右すると言っても過言ではないということだ。

ぐりさんは、お母さんの大変だった姿を知ってるわけだね。
長く続けていらっしゃる生徒さんだから得られる存在なんだね。
素晴らしいお母さんだと思うよ。
Posted by ぐっさん at 2015年02月17日 22:43
あ!せきれい!!
私もブルグ好きでした。
ピアノを弾ける男の子ってカッコいいです。
Posted by nao at 2015年02月18日 23:34
神の手と言われる名医たちは執刀回数が突出している訳ですよね。
最近どこでもピアノ教室が発達障害を掲げていますが、やみくもなレッスンを長く受けた結果、先々不適応を起こすことの怖さまでは考えていないのではないでしょうか。
少なくとも、ぐりさんの生徒さんたち皆さんに明るい将来が訪れますよう。
Posted by 茉莉音 at 2015年02月19日 18:20
いいぞ、能力開発されてるねww

それにしても、ぐりさんのプロ意識はハンパないね。
Posted by ニシダヒガシダ at 2015年03月13日 14:35
ぐりさんのことですから、高い演奏技術と表現力を徹底して教えて差し上げていらっしゃることでしょう。

ネコちゃんのお話は確かに不思議ですが、ぐりさんの優秀な生徒さんならではのような気もします。
きっと純粋で感受性豊かなのでしょうね。 
Posted by フェリーチェ at 2015年03月13日 23:56
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。