好きこそものの~発達障害だからこその可能性~

2012年05月23日

1年生のみーちゃん。

「せんせーい! 聴いとってぇー」

うんうん。

「曲つくったけん、弾いてみる」




『おもしろいうた』 
手描きのかわいらしい楽譜。

ドレミファソラシドの音域をやっとこさ自分で読みながら弾けるようになりましたが、
楽譜を書くことは まだ1度も教えたことがありません。
テキストを見ながら自分で思いついたようです。


満足そうな笑顔につられて ぐりも笑顔になります。

「コレ、せんせいにあげる」

思いがけないプレゼントに、胸がジーンとしました。


初めて来てくれたのは年中さんの秋。
ぐりには全く興味がない、といった感じで、
目も合わさず、一言も口を開かずに帰っていかれるようなお子さんでした。

「なにを考えているのか、わからない時があって・・」
言葉が少し遅いと感じたくらいで、その後は普通に話せるし特に心配することはなかったものの、
なにかおかしい、どこかが違うと感じていらしたお母さん。

理解できることは多いものの、話は一方通行気味で、
同じ指示を出しても、思い描くものが独創的な生徒さんでした。

育てにくい・・

いろんなことは、頭ではわかってはいらっしゃるものの、
実際に、日々のお子さんとの関わりからは、一瞬首をかしげるようなことも多く、
その都度、この子の個性なのだと、ご自身に言い聞かせてこられたお母さん。
年齢が上がるにつれて強まっていく違和感と不安との葛藤に、
どれほど苦しまれたのかと思うと、胸が痛んでなりません。

ご家族の会話の中で、お子さんとのやり取りの噛み合わなさに気付くことは、
なかなか容易なことではないと思います。
また、たとえ『そうなのではないか』と思われたとしても、
理解するということと、受け止めるということは必ずしも一致せず、
漠然とした不安に苛まれるばかりで、精神的に追い詰められるお母さんたちも少なくありません。

そんな中で、勇気を出してお問い合わせくださったことを本当に嬉しく思います。


レッスン丸2年。

みーちゃんは、見違えるほどの成長を遂げています。
あれだけ無口だった子が、たくさんお話してくれますし、
振り返って「せんせーい、バイバイ」と、笑って手を振って帰っていきます。

初めての課題になると固まって拒絶することが多かったのですが、
間違えることへの不安も解消され、わからないと言えるようにもなりました。
そして、やってみたいという意欲がわき、実際に行動してみる勇気もみられます。

豊かな感性はそのままに、ものの見方、考え方が身について作業の効率が上がり、
不完全燃焼でイライラすることも、めっきり減ってきました。


現段階では、周りからは理解を得にくいことも時々あるようですが、
みーちゃん自身は、あまり人の評価にとらわれていません。
成長の過程で、いろいろな時期もあるかと思いますが、
どうかこのまま、人の顔色を気にしたり、小さくまとまらずに
堂々と、自分の世界を満喫してもらいたいと願っています。

みーちゃん、あなたにこんなに素晴らしい才能があったとは。
あなたの中にあるものを より素晴らしく表現できるように、
もっと視野を広げてたくさんのことを吸収してください。

「この子を嫌いになる前に出会えてよかったです」
お母さんと二人で泣いた日のことをぐりは今でも忘れません。

お母さんは、みーちゃんの『状態』に戸惑っていただけ。
誰も悪くありません。

さぁ、たくさんの思い出をつくりましょう。

みーちゃん、あなたに出会えてよかった。
素敵なプレゼントをありがとう♪
ぐりは、いつでもみーちゃんを応援しています。


同じカテゴリー(療育ピアノレッスン)の記事画像
春遠からじ
やってやれないことはない
そして普通級へ
ピアノで磨かれる感性
実りの秋 発表会の収穫
臨機応変に~ハプニングにも学びあり~
同じカテゴリー(療育ピアノレッスン)の記事
 春遠からじ (2017-04-25 21:00)
 やってやれないことはない (2015-05-01 12:12)
 そして普通級へ (2015-03-31 15:15)
 ピアノで磨かれる感性 (2015-02-16 15:38)
 実りの秋 発表会の収穫 (2014-10-20 23:58)
 臨機応変に~ハプニングにも学びあり~ (2014-09-08 18:35)

この記事へのコメント
音楽とは様々なスタイルがあり、優劣つけるのは大変難しいですね。
それらを受け入れ、時には導くということが、先生の御役目でもあるのでしょうか。
子供には音楽家のようにならなくてもいいけれど、いい音や本物を知ることで、世界観を広げて欲しいと思います。
きっとぐりぐり先生は子供の可能性を引き出すようなレッスンをなさるのでしょうね。
Visionsは夏にラジオにてよく歌を拝聴致しておりました。心あたたまる曲ですね。
Posted by 愛理ママ at 2009年10月17日 21:51
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。