超アスペルガー

2010年04月21日

春先って ちょっとメンタル的に下がり気味で、うつ や PTSD の症状が強く出て、
ピアノのレッスンもちょびっとだけ しんどそうだった


いろんなことを想定して、ミニコンサートではオープニングを飾ってもらいました。


ソロ演奏は1年前から 「オレ、この曲好きっす!!!」 と言っていた
リチャードクレイダーマンの演奏で有名な『渚のアデリーヌ』



そして老人福祉施設で演奏ボランティア活動をなさっている
福岡NPO法人ひまわりの会
の皆さんのギターとピアノのアンサンブルで
『いい日旅立ち』『アンパンマン』『さんぽ』
『夜空のムコウ』『涙そうそう』


とても楽しい時間をプレゼント頂いたのでした。






演奏の後、彼を紹介するときに 彼が アスペルガー症候群 であることを話しました。
 

でもね、前から見ていて ぐりの教室の皆さんは
「へぇー、そうなんだぁ^^ ピアノ上手ですね♪ いいなぁー^^」
って感じ。



やっぱり^^



ミニコンサートを終えてのレッスン初回、
マイペースに成長中のチビっ子のママから開口一番の一言。



「先生って、誰にでも あんなかんじなんですね♪」



あんなかんじ って・・・どんな・・・


(笑)


ぐりにとっては障害とは、髪が長いとか短いとか、背が高いとか低いとか・・・




今回 彼の演奏は、そんなチビっ子たちの憧れでもあったし、
ママたちにとっては 勇気と希望 を与えてくれたのでした。





そんなことを 代表の村上さんと話している最中



「ね、先生! オレって 超アスペルガーでしょ♪ ^^」



彼が屈託のない笑顔で ぐりにそう言ったのでした。



プハハハ!! なんだそれ?! 


『ちょー』 が付くと、なんかめちゃめちゃカッチョえぇね!!!


同じカテゴリー(療育ピアノレッスン)の記事画像
春遠からじ
やってやれないことはない
そして普通級へ
ピアノで磨かれる感性
実りの秋 発表会の収穫
臨機応変に~ハプニングにも学びあり~
同じカテゴリー(療育ピアノレッスン)の記事
 春遠からじ (2017-04-25 21:00)
 やってやれないことはない (2015-05-01 12:12)
 そして普通級へ (2015-03-31 15:15)
 ピアノで磨かれる感性 (2015-02-16 15:38)
 実りの秋 発表会の収穫 (2014-10-20 23:58)
 臨機応変に~ハプニングにも学びあり~ (2014-09-08 18:35)

この記事へのコメント
昔なら、自閉症にくくられた障害ですね。

でも、超アスペルがーって・・・
ぐり先生は、自ら開かせるって感じなんですね^^
お母さん達も、安心して任せられるのではないでしょうか。
Posted by おくだっち at 2010年04月22日 10:50
おくだっちさん
これといって ぐりの中では特別意識はないみたいです。
『超』を思いつく彼のセンスが好き♪
Posted by ぐりぐりぐりぐり at 2010年04月28日 18:52
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。