はらすめんと

2010年05月08日

大学卒業後、留学を経て現在教員養成所に通っている彼。
すでに福祉士の資格をお持ちなので、将来活動の幅を広げるために日々頑張っています。

教員や保育士といえば、もれなくついてくるのがピアノ。

経験者には そこまで大変ではないのかもしれませんが、
ピアノにさわったことすらない方には、
とってもとっても高いハードル。。。


彼も その一人。


体験レッスンにきた彼は、とても悲しそうな顔で、
ちっちゃくなって向こうが透ける程うすーく見えました。

聞くと、学校でのピアノの授業についていけておらず、
彼だけが校内での試験を受けさせてもらえなかったそうな。

あんまり書きたくないような酷い事を学校のピアノの先生に言われまくったみたいです。。。

ってか、『彼だけが受けられない』ってことだけでも十分辛すぎる現実。


「泣きはしませんでしたけどぉ、、、」



って




心の中は どしゃぶりじゃん。





真面目で優しいヒトほど、できない自分を責める。
そして・・・ついには大嫌いになってつぶれちゃったりしますね。
ヒトのやる気を奪うのってあっけないんだー。





ヒトが何かをできるようになっていく過程って


●何をしたらいいかわからない
●何をすればいいかわかるけど できない
●何をすればいいかわかるし できる
●考えなくてもできる
●考えなくてもできたこと を説明できる


ってなかんじに進んでいくそうなのですが、
彼は1年ものあいだ一番最初の段階で苦しんでたみたいです。


どこから手をつけていいのかが本当にわからないだけで、やる気がないわけじゃない。
彼も子どもじゃないだけに そのへんもよくわかってただろうから
余計に辛かっただろうし、イライラもしただろうと思います。



でもね、



ちょびっとお話しただけで、彼は『練習の方法』を理解し、
3回目のレッスンのときには予習までやってこれるようになりました^^

なにより自信を取り戻して、顔つきが変わったのが嬉しいことです♪

あとは、ぐりの教室の他の生徒さんと同じく、
勝手に練習して一人でどんどん上手になっていってもらうだけ。



連休に久しぶりに お母さんのご飯を食べてきたせいか、
ますますパワーアップして頑張ってきてました^^

ぐりは、いつも応援しています。
ありがとう。

ファイトなのだ♪

同じカテゴリー(大人のレッスン)の記事画像
耳よりなはなし
二十年後
文系ピアノ
モデルチェンジ
理系ピアノ
ピアノでありがとう
同じカテゴリー(大人のレッスン)の記事
 耳よりなはなし (2013-03-31 21:22)
 二十年後 (2013-01-05 01:51)
 文系ピアノ (2012-08-05 17:46)
 モデルチェンジ (2012-07-17 00:36)
 理系ピアノ (2012-07-09 11:37)
 ピアノでありがとう (2011-05-08 13:12)

この記事へのコメント
どんな魔法を?(笑)
みんなが ぐり先生のことを大好きなのがわかります♪
Posted by meg at 2010年05月08日 15:42
こんにちは。

問題
「月でひろった卵からは何が生まれるでしょう?」

「ウサギ?」

想像を膨らますのも、それぞれの個性
夢を、現実にするのもそれぞれの努力ですね。
Posted by おくだっち at 2010年05月10日 13:00
ぐりって独特の空気感。

一緒にいると ホッとすること多い。

子どもの生徒さんたちが、駆け寄るのもわかるし
大人だって疲れたときに会いたくなるのもわかる。
Posted by さりな at 2010年05月16日 02:37
megちゃん
そのうち立場逆転
弟に心配される姉 になる(笑)



おくだっちさん
さすが執筆家☆
次の満月はいつだろー。



さりなさん
いつもありがとうございます。
そしてそして おつかれさま^^
Posted by ぐりぐりぐりぐり at 2010年05月20日 15:56
お久しぶりです!
ぐりぐりさんに出会えた彼は、ラッキーですね。
良かった~~~。ほんとに。。。
Posted by つるまる at 2010年05月21日 14:23
つるまるさん
ぐりも今 たくさんの温かい方々に囲まれて頑張れています^^
つるまるさんに、またお会いできるといいな♪
Posted by ぐりぐり at 2010年05月23日 10:17
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。