やっと1年、もう1年

2012年02月02日

この1年、リョータくんファミリーは激動の1年になりました、、、
というよりも、『させてしまった』という方が近いかもしれません。

1年前、リョータくんのレッスンに同席くださるパパとママの心配ぶり・・・。
リョータくんのしぐさ、話すこと、全てにお二人で神経を張り巡らせてせていらっしゃり、
ぐりは一度に3人、グループレッスンしているような状態でした。

物心ついてから毎日毎日、一番長く一緒に時間を過ごしている親御さんの
うまくいかない状況をなだめたり、注意したり、励ましたりしているつもりの言葉かけの表現や反応が
逆に劣等感や諦めを深く刻み込むことになっていることがあります。
これは記憶の積み重ねとなり、その後の人生に大きく関わってくるので意識して気をつけたいことですね。

わたしたちも、目の前で起きていることに意味をつけているのは、
全て自分の過去の記憶によるもので、
成るべくして成り、起こるべくして起きていると言っても、過言ではありません。
自分の周りを見渡すと、自分の気持ちが前向きかどうか・・・わかるかもしれません。


そして、ピアノを始めて半年。
リョータくんの3年生の夏休みは今までと何かが違いました。


反抗期 


『かわいい男の子』からの脱皮。
ママにはショックな事件でもあり、衝突する毎日に疲弊しきっているご様子でした。


2学期が始まったある日、ママはずっと張り詰めていたものが、ついに教室で溢れてしまいました。

「ママ、なんで泣いてるの?」 
そばで見ているリョータくんにとっては、お母さんの涙の理由がわかりません。

そんなとき、お母さんたちは虚しい気持ちに追い打ちをかける・・のかもしれませんね。


そんな夏休みを乗り越え、2学期が始まった9月のある日、
リョータくんが一人でレッスンを受けると自分から言い始めたそうで挑戦。
ご両親には『一人でなにかをする』という発想が、それまでなかったようで、
ご家族にとっては一大イベントのようでした。

緊張しながらも、楽しく、集中したレッスンをこなせ、
達成感を味わった顔をしていたのは言うまでもありません。

その頃のママからのメールには、
『一人じゃ 何もできないと勘違いして あれこれ口出しや手出しばかりして
一人じゃ何もできない子どもにしていたのは自分達だったと深く反省しています』 

と、ありました。


ヒトには それぞれ『時期(とき)』というものがあるのだと思います。
今までの大変なことも全部必要なことで、それがあったから『今』起きたことを受け入れられるし、
『今』があるからこそ、振り返ることもできるのではないでしょうか。


この1月からリョータくんは、一人で教室まで通ってくれています。

帰り際、玄関先で真っ直ぐ立ち、
「今日もお世話になりました。ありがとうございました。また来週お願いします。」
と、一礼。
毎回とても丁寧なご挨拶です。

大人でもこういう挨拶をできるヒトは少ないです。
きっとリョータくんのパパとママが、いつも周りのヒトに言っているのを
ちゃんと見ているんだと思いました。

リョータくんのママは、夏休みに頑張りすぎたため、この冬、体調を崩してしまわれました。
リョータくんも落ちつきません。

精神的なダメージを受けて、体調を崩されるお母さんは少なくありません。
お子さんも、また、それに敏感に反応します。

リョータくんのご家族は、優しいパパを中心に家族の結束が深まり、
日々みんなで強く前向きに歩き出しているのが伝わってきます。

私たちは毎日毎日、明日(みらい)の種を蒔き続けています。
遅すぎることなんてないのです。


とても引き締まった顔つきになりました。

リョータくん。

ぐりは いつも応援しています。

ありがとう♪

同じカテゴリー(療育ピアノレッスン)の記事画像
春遠からじ
やってやれないことはない
そして普通級へ
ピアノで磨かれる感性
実りの秋 発表会の収穫
臨機応変に~ハプニングにも学びあり~
同じカテゴリー(療育ピアノレッスン)の記事
 春遠からじ (2017-04-25 21:00)
 やってやれないことはない (2015-05-01 12:12)
 そして普通級へ (2015-03-31 15:15)
 ピアノで磨かれる感性 (2015-02-16 15:38)
 実りの秋 発表会の収穫 (2014-10-20 23:58)
 臨機応変に~ハプニングにも学びあり~ (2014-09-08 18:35)

この記事へのコメント
春 植えざれば 秋 実らず

徐々に質の良い種を蒔いていけば、必ず次第に立派な実をつけるようになる。

種だけ良くても、土だけ良くてもダメで
水も肥料も太陽も温度も必要だ。

ご家族の気遣いをするということは、そういうことだね。
素晴らしい。
Posted by ごっつ at 2012年02月02日 21:10
とくに発達障がいのお子さんをおもちの親御さんは、子どもに関わる人が誰でもいいという訳ではないので、行き場がなくて、本当に困っています。
適切な指導をしてくださるうえに、人間味溢れる先生に関わることこそが発達障がいのお子さんに最も必要とされることです。
素敵なお教室ですね。
Posted by なっちママ at 2012年02月03日 11:17
ぐりちゃんお久しぶりです~♪

相変わらず中身が濃いレッスンですね~
ぐりちゃんの人柄の良さが伝わって、素敵な教室ですね~♪

みんな、大なり小なり、悩みを抱えて生きてますね。

昨年私も7年ぶりの鍵盤で、エレクトーン猛練習しました~
9月の発表会は、先生(ピアノ)と一緒にアンサンブルも何とか無事に
終了。
やっぱり音楽は楽しいですね~♪

インフルエンザが流行っています。
ぐりちゃんも気を付けて下さいね~
では、また~
Posted by のり奴 at 2012年02月10日 11:37
ごっつ

見守る、寄り添う って、どういうことなのか考える。
優しさってなんだろう。
Posted by ぐりぐり at 2012年03月14日 13:04
なっちママさん
ありがとうございます。
障害の有無は、あまり考えていません。
レッスンを続けていくうちに皆が笑顔になっていくのは本当に嬉しいですね。
Posted by ぐりぐり at 2012年03月14日 13:12
のり奴ちゃん
ありがとうございますー

悩みの大小は比較できないけど、少しずつ快方に向かうといいなと思います。

そのツールの1つとしてピアノ、音楽となれば嬉しいですね。
Posted by ぐりぐり at 2012年03月14日 13:16
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。