春のミニコンサート終了

2012年04月03日

カントリーロードの親子合奏によるオープニング。

前回のモンチ親子の出し物(ネタみたい;)を観て
「いいなぁ♪うちもあんなのしたいですー!!」
と、おっしゃっていたことをついに実現!!

印象的な楽しい場面は たくさんありますが、
そうすると全員アップしたくなるので(笑)
トップバッターを務めてくれたお礼の一枚を♪


不定期ではありますが、春のミニコンサートを4月1日に行いました。
朝からいいお天気に恵まれ、桜も随分咲き、嵐の前のお花見日和!! なんてラッキー♪
初めてのピアノ発表会の生徒さんが多く、今回もホールではなくフロアでの発表会でした。

いつの頃からでしょうか、
生徒さん一人ひとりの素晴らしさをたった短い一瞬で伝えられない時のもどかしさ、
どの生徒さんも、その瞬間に向けて『それなりの時間の過ごし方』
が、あったことを他の人にもわかって欲しい
ご家族も肩の力を抜いて楽しい思い出をつくるために聴きにいらして欲しい
と、強く思うようになったのは。

そしたらピアノ弾いておしまい!じゃなくて、いろんなこともするようになってしまいました。
(それについては、また後日・・・)

また、「アレもコレも言わなくちゃ!!」と、だんだんトークショー化(苦笑)
いつも話が長くなり、ほんっとに申し訳ございません・・・。


お仕事に追われ、練習時間の調整が大変だった社会人の方。
たくさんの習い事をしていても、少しずつ練習を積み重ねてくれたお子さん方。
発達障がいとの共存で、初めての発表会にご家族みんなでドキドキしながらご参加くださった方。
お仕事の調整をなさったり、遠くは佐賀、佐世保、山口から応援に来てくださったご家族、ご友人の皆さん。
体調不良や、時節柄お仕事の都合でやむを得ず参加できなかった方。


いつもその瞬間にいたるまで、
ヒトにはわからないいろんなドラマがあります。
そして、それぞれの生徒さんと、ぐりとの間だけに通じる
幾通りもの『よかったね』があります。
個人レッスンですが、一つ一つのいい気をめぐらせて、
教室全体のエネルギーとして
生徒さんに笑顔が広がるだけで嬉しく思います。
いつもありがとう♪ これからもよろしくお願いします。

同じカテゴリー(レッスン日記)の記事画像
上を向いて歩きだそう
巣立ち
メリークリスマス
彼岸花
ん?
お行儀に厳しい ぐりの教室の巻
同じカテゴリー(レッスン日記)の記事
 ひそひそ話 (2011-10-31 12:01)
 上を向いて歩きだそう (2011-09-13 11:52)
 巣立ち (2011-03-05 18:36)
 メリークリスマス (2010-12-23 16:01)
 彼岸花 (2010-09-27 15:01)
 ん? (2010-09-15 21:42)

この記事へのコメント
かけっこの順位をつけなくなったのは、いつからか。
僕は、これには反対の意見だ。

芸術は肌で感じるものだ。
楽しい、美しいなどの感じ方は人それぞれだ。
ショパンが弾けるから上手で、チューリップしか弾けないから下手。
スラスラ弾けるから上手で、音を外したから下手。
決してそういうものではない。
かけっことは違う。

『みんな違って、みんないい』とは、こういうことだと思う。
Posted by ごっつ at 2012年04月03日 18:24
ぐりさんって、気づいていても気づかないふりしたり、
相手が間違えてもネガティブなこと言っても、
否定せずに笑いに変えて、優しく誘導したり。。。
なんて頭の回転が速い人なんだろうと思っています。
いつも心が温まります。
Posted by 茉莉音 at 2012年04月03日 20:55
ごっつ
はい、いつもながら勉強になります。
私も同感です。
Posted by ぐりぐり at 2012年05月16日 22:16
茉莉音さん
出たとこ勝負ですがなにか(笑)
Posted by ぐりぐり at 2012年05月16日 22:17
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。