点から線へ

2012年11月05日

ねぇ、最近ピアノ弾くときさ、ちゃんとわかって弾いてる?
「うん、そう。わかるよ♪」

前は、何が合ってて間違ってるか、何をどうすればいいのかが、わからなかった?
「えっとー、うん、そう!」

わかるっておもしろいよね。
「うん!!」


子どもたちが『わかる瞬間』って、見ているこっちもワクワクしてきます。
写真の顔もイイ顔で嬉しそうに笑っています。

とらちゃん、4年生。
実は、とらちゃんがこんなに笑っているのは、本当に久しぶりのことで、
この日、ぐりはあまりの嬉しさに、熱くこみ上げるものがありました。


2年生になる前に、よその教室からかわってみえて、もうすぐ丸3年になります。

出会った頃は、明るくさっぱりとした、ハキハキ喋る女の子でした。
それが段々と笑わなくなっていったのでした。

復習も兼ねて始め、順調に進んでいるようにみえたのですが、
最近両手奏、リズムに少々苦戦するようになりました。
2年生後半・・・思えばその頃からだったように思います。


個人差はありますが、徐々にペースダウンしてしまうお子さんは
ぐりが教えることを始めてたときから数多くいましたし、
一般的にも子どもの頃にピアノを2〜3年で辞めたという人たちは、
だいたいこのあたりのレベルで何かしらの『壁』にぶつかっていることが考えられます。


ぐりの教室では、その改善策としても取り入れている療育レッスン。


学校での成績は優秀なとらちゃん。
運動も得意だし、お友達もたくさんいます。

でも、ピアノを弾くことって、そういうこととはあまり比例していません。


ここにペースダウンしてしまう生徒さんたちの特徴の一部を挙げてみます。

●何度も衝動的に同じ間違いを繰り返す
●間違えて覚えると修正するまでに時間がかかる、合ってるか間違ってるかがわからない
●復唱が苦手、拍感のなさ(音符や休符の長さを感じられない)
●ピアノを弾いている途中で音符も鍵盤も見失う
●動きがぎこちない、姿勢が保てない
●指示とは全く違う、ちぐはぐなことをやってしまう ・・・etc

毎回弾くたびに項目のどれかをやってしまううちに
パニック的に何が何だか訳がわからなくなって、泣くか不機嫌になってしまうこともあります。

項目は ほんの一部ですが、こういう状態になってしまう生徒さんは、
一般的な教室では、「何回言ったらわかるの!!」と厳しく叱責されまくるか、
ただただユルイ時間を消化するだけに終わっている可能性が高いです。

しかし、実はこういうことを見過ごされたまま成長して、
大人になったときに社会に適応できず、その原因もわからないままに
辛い思いをしてしまう人も少なくありません。

とらちゃんのお母さんは、
毎週ちぐはぐな答えや振る舞いをする我が子を目の前で見続け、
「なんとかしなきゃ!」って、強く思われたにちがいありません・・・。

以前から時折とらちゃんに感じていた「あれ?なにかが違う」という思いを
現実のものとして受け止める機会になったようでした。


こんなとき危険なのが、お母さんなりにいろいろ対応を考えて、
いつでもどこでもピッタリくっついて、片っ端からひたすら厳しく注意してしまうことです。

とらちゃんのお母さんも、徹底した監視、管理のもとに、
とらちゃんにドリル漬けの毎日を強いていたようです。

とらちゃんは次第にレッスンに来ても、ぐりと目を合わせることはなくなり、
ピアノの前で曲についての話をしても、楽しいはずの学校のことを聞いても、
うつむいて ぐりに背を向け、全く反応しなくなるまでに心を閉ざしていました。

学校で、誰にもわからないようにお友達をつねったりという行動もみられるようになってたそうです。

現在とらちゃんは、一人でレッスンを受けていますが、
当時、レッスンを待っていらしたお母さんの顔は、
日に日に怖くなり、ピリピリした空気はどんどん膨らんでいきました。
そして、お母さんの顔を見た途端に、とらちゃんは無表情になり黙りこみます。

懸命に子どものことを思うがために、気づかないうちにどんどんエスカレートしてしまう・・・。
親の深い愛には相違ないのだけれど。。。

とらちゃんのお母さんは、ご自身なりに懸命に一通りやってみられたのでしょう。
そして、やってもやっても・・やればやるほど、理想とかけ離れていく現実。

大人が思う以上に、子どもの傷は深いことがあります。

そして激動の夏休み。

突然お母さんが、

「そうでした・・・とらを産んだとき、
ただ『慈しみの心をもった子に育ってくれること』だけを
願っていたということを、すっかり忘れていました・・・
ただそれだけでよかったのに・・・私ったらいつのまにか・・・
自分がラクをするために、とらに厳しくあたっている・・・」


いきなりホロホロと涙をこぼされながら
ぐりに話してくださっているのか、ご自身に言い聞かせているのか・・・。

『自分がラクをするために』
そんな思いがけない言葉がご自身の口から飛び出してしまったお母さんが、
自分自身に一番驚いていらっしゃるようでした。

とらちゃんも心配したのでしょう。
その日は家に帰るなり、晩御飯に卵焼きと野菜炒めを作ってくれたと
後日お母さんからメールを頂きました。

親の涙って、子どもにはとてもショックな出来事です。


その頃、とらちゃんに少しだけ変化がありました。

ピアノ弾きよったらね、お母さんが『いつもそのリズムは違う!』とか言うんよ。
でね、ピアノの日はね、家に帰ったら 
『あそこができてなかった、あのリズムまた間違えてた』って言うんよ。それもかなりキツくね。」


とらちゃんが、自分の言葉で 自分の気持ちを打ち明けてくれたのは初めてのことです。

「そうね・・・。とらちゃんが、言ってほしくないと思えば『言わないで』って言ってもいいんだよ。
お母さんにホントの気持ちを言ってもいいんだよ。
親子だからね、もしちょっとケンカになっても、言い過ぎてゴメンねって言えば、
とらちゃんとお母さんなら、スグ仲直りできるし。大丈夫よ」

こんなこと言っていいのかな・・・。
どういうふうに言ったらいいのかな・・・。

お母さんが全て決めて指示したり、
お子さんが、いつも自分の気持ちを飲み込み続けることを繰り返すうちに、
いつの間にか、自分はどうしたいのか、どのように感じるのかがわからなくなっていることがあります。

もともと療育レッスンは、健常のお子さんたちを中心に受けていただいていた内容です。
とらちゃんには診断はありませんが、このレッスンを受けていただくことになりました。

半年が過ぎたあたりからでしょうか。
視るチカラ、聴くチカラ、それに会話力、思考力、注意力、集中力が大幅にアップしてきました。
学校生活も充実していて、音楽の先生から歌唱力を誉められたのだとか。

ピアノを弾いている姿を隣で見ていても、
以前のように衝動的に何度も間違えるようなことはなく、
無駄な力みがなくなり、ずいぶんとスムーズに弾いています。

しかも、なんだかとても楽しそう♪

ピアノは、取り組み方次第で音楽は当然のことながら、
学業、運動、コミュニケーション、様々な才能を開花させ伸ばすことができます。
つまりは、ピアノが弾けると選択肢が増え、豊かに暮らせることにつながると、ぐりは考えています。

「健康で元気に産まれてくれれば、それだけでいい」と、
お腹の中のそらちゃんに語りかけていた穏やかな日々。

初めて小さなとらちゃんを胸に抱いた日。
うまれてくれて、ありがとう。

10年たって、忘れていたあのときの記憶を思い出した、お母さん。

遅いということはありません。
気付いたときから最期を迎えるその瞬間まで、人は一生成長できる、ぐりはそう思っています。


同じカテゴリー(療育ピアノレッスン)の記事画像
春遠からじ
やってやれないことはない
そして普通級へ
ピアノで磨かれる感性
実りの秋 発表会の収穫
臨機応変に~ハプニングにも学びあり~
同じカテゴリー(療育ピアノレッスン)の記事
 春遠からじ (2017-04-25 21:00)
 やってやれないことはない (2015-05-01 12:12)
 そして普通級へ (2015-03-31 15:15)
 ピアノで磨かれる感性 (2015-02-16 15:38)
 実りの秋 発表会の収穫 (2014-10-20 23:58)
 臨機応変に~ハプニングにも学びあり~ (2014-09-08 18:35)

この記事へのコメント
評判は聞いてるよ。
本当にすごい技術だね。
それに意識が高い親御さんばかり集まるね。
そのカリキュラムは、誰が受けてもピアノ、成績、人間性がバランスよく伸びるように個に合わせて組まれたものらしいけど、
やっぱり、指導力だよ。
ぐりさんなら何を使ったとしても、伸ばせる技術があるからね。
Posted by ぐっさん at 2012年11月07日 22:51
親ですね、母親ですね、家庭ですね

親の心のケアもしてくれるなんて
そんなピアノ教室、僕はきいたことがありません。

子どもの人格形成の大切な時期に、ぜひとも関わらせたい先生。
子どもは、先生の影響というものが強く反映される。

生きる力が養われている。
Posted by 通りすがり at 2012年11月09日 11:45
賢くなると、わかることがいっぱい増えて、楽しくなるってことですね!
私も子どもの頃ぐり先生のレッスン受けたかったです。
Posted by nao at 2012年11月09日 15:51
どなたの記事も、ぐりさんの配慮でさらっと書かれていらっしゃいますが、
本当は、きっと深刻な状況だったのだろうとお察しします。

親の意識が高くなければ、このカリキュラムの良さはおろか、
意味が理解できずにピアノを弾くのに必要ないなどと思われるでしょう。
ましてや、そんな親ほど図々しく、行儀もなっていません。

5年、10年後に大きな格差となっていたとしても、それすら気付けない広がらない子どもの未来。
そんな世界があることも、親子で知らないなら知らないままの方が幸せなのかもしれませんね。

確実に成果を出していらっしゃること、素晴らしく思います。
Posted by 茉莉音 at 2012年11月10日 01:40
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。