実りの秋 発表会の収穫

2014年10月20日

9月の終わりに、かつきしょうへいさんのブログに、発表会の写真を少し載せて頂きました。

何人か並んでいる中で、パッと目を惹く人ってドコにでもいますが、
やはり、たくさんの人を写していらっしゃるプロの方が選ばれたものも、
ぐりには頷ける理由のある生徒さんたちでした。
「笑顔が素敵だった」とのことです。

発表会に向けて、音楽的に厳しいレッスンを課した生徒さん二名が含まれていたことに笑ってしまいましたが、
容姿や演奏技術、そういったものではなく、日々の暮らしにより形成された
内面から溢れる『きらめく何か』が、カメラの一瞬に収められたのだと思います。


そのうちの一人でもあるトオルくん、5年生。
『発表会の写真 こぼれ話』にも書かせて頂きましたが、
発表会を終えても尚、彼の躍進はとどまるところを知りません。

それどころか、向上心の塊のように、
毎週意欲的にレッスンに取り組む姿に驚かされます。


『競争』

発表会で他の子どもたちと触れ合い、同じピアノを弾く姿を目にし、
非常に限られた狭い中ではあるものの、
自分の中での『上手な人ランキング』のようなものに目覚め、
「ピアノだったらボクでも」と、大きな自信がついたのか、
初めて見せる、他を意識した『負けたくない』という顔。

トオルくんのスゴイところは、『他』が『自分』だというところです。奥が深い、、、
頑張ったのも自分、手を抜いたのも自分
精神は、修行僧そのもの・・・(汗)

そして、メンタル面の向上に伴いピアノが上達するにつれて、
トオルくんの様々な機能面も格段にアップしています。

ぐりのレッスンは機能訓練も兼ねているので、独特ですし、ハードでもありますが、
トオルくんは、本当によくついてきます。

そのせいでしょうか。
トオルくんの隣に座っていると、言葉では表せない前向きなエネルギーを感じ、
また、それをもっと強めていける、というような、ワクワクする不思議な気持ちになり、
毎回時間があっという間に過ぎてしまいます。

先日、そのことをお母さんにメールでご報告したところ、次のようなお返事を頂きました。


実は、お伝えしようと思っていたことがあり、
それが先生が感じていらしたことと近い話で、ビックリです(笑)

5年生になってから、学校の授業進度についていくのは大変になったという事実がありながら、
何かはわからないけれど、なんとなく『いい感じになってきた』と私が感じていて、
それを病院で発達を診てもらっている先生に話したところ、検査をしてみましょう!と。

で、夏休みに検査して先日私一人でその結果説明を受けたのですが、
先生の第一声が、 「非常に興味深い結果でした」と。

簡略すると、凸凹が小さくなった のです。
トータルのIQは1年前より少しさがっているものの、それは特に問題視することではなく、
凸凹が小さくなったってことが、本人にとって非常に良いことだと。

何かしましたか?と尋ねられたので、ピアノ・・・と、ちっちゃい声で答えました(笑)
・・・その先生にも長いことお世話になってるので(汗)

時間をかければやり遂げられることを、
本人が発表会で確信したことで、さらにやる気に火がついた感じもします。
その力を持って、彼の大好きな競争社会で(笑)がんばってほしいと思います。


もうすぐ丸2年。
ブログには書いていない道のりもあるわけでして。

何かをやり始めたときに、なかなか結果が得られなくて、ある時、突然につながることがあります。
英語とか、自転車なんかがわかりやすい例えでしょうか。
ソコにたどり着く前に不満を言ったり、諦めてしまうという人も少なくないと思います。

トオルくんが、本当に実力をつけていると感じさせるのは、
彼が自発的に一人でコツコツ練習し、言われたことを素直にそのままやるというところです。

習得までの回数が多いのが、発達の面からくるものなのでしょうが、
トータルのIQが少し下がったのも含め、活動エネルギーの消耗も大きく関係していると思います。
それに自力でやっているのですからね、見守るお母さんも素晴らしいです。

そういった部分を補い、工夫してこなす方法を ぐりはトオルくんと練習しています。

それらが日常でも反映されるように。
そして、少しずつ成果が見えてきています。

記憶力、想像力、表現力、瞬発力、バランス機能、協調運動、視覚、聴覚、指先の感覚・・・
トオルくんはレッスンで、数値には表れないたくさんの能力も身につけました。
伸びしろは、まだまだ未知数です。


トオルくんの将来に、嬉しい誤算で(笑)新たな希望が膨らみ、さらに忙しくなったお母さんです。

ご自分は無理してでも子どもの為に、という親御さんのお気持ちには、
本当に頭が下がりますし、できる限りのことをさせて頂こうと思います。

「ピアノで良くなった」と、言われることは、ぐり自身とても嬉しく有難いことですが、
困難の多いお子さん程、それまでにも多くの方々が関わっています。
その方々の支えがあってこそ、トオルくんと巡り合えたのだと、ぐりは思っています。

お母さんの、そんな方々への細やかな気遣いも、お人柄を感じさせるところですね。


最近、縄跳びもできるようになったトオルくん。
ほんの数年前まで、足の長さを調整する装具を付けていたなんて、
今のトオルくんを見て、誰が想像できるでしょうか。

やってみたい、やってみよう
どうすればできるかな、できるまでやろう

そんな気持ちは、トオルくんの何にも代え難い大きな財産となっています。

レッスンで培った『学びの種』は、
能動的な知的好奇心、探究心、活動をしっかり支える根を生やし、
理解を深めることで、本当に世界にひとつだけのトオルくんの花を咲かせることでしょう。
とても楽しみです。

トオルくん、ぐりはいつでもトオルくんを応援しています。

ありがとう♪
  


Posted by ぐり先生 at 23:58Comments(7)療育ピアノレッスン

臨機応変の学習

2014年09月08日

リョータくん、6年生。
夏休みに入ってすぐに玄関のドアを開けると、
松葉杖をついて、足に包帯をグルグル巻いた姿で立っていました。

「んはあ゛あ゛ぅぅぁああぁあああ!!マジですか?!」

思わず奇妙な声で叫んでしまいました。

リョータくんには、ミュージカル『大きなかぶ』のおじいさん役をお願いしていたのです。
唯一ソロの場面もあり、ステージに出ずっぱりだったのです。


この夏、急激に身長が伸び、変声期も訪れたようで、
歌のキーでは、日に日に声が出にくくなってもいました。

年頃にしては嫌がる素振りも全くなく、感情を込めてセリフを言ったり、
大きな声で伸び伸びと歌い、踊る姿に、
リョータくんの新たな一面を知ることとなったのでした。

なのに骨折!!!

発表会は2週間後。


ピーーーーーーンチ!!!


の、ふり(笑)


リョータくんと二人、いつものようにピアノの前に並んで座り、


深刻な相談


の、ふり(笑)


ぐりの頭の中では、松葉杖の姿を見た時から答えは決まっていました。
動けないなら座ってやればいいだけのこと。

ですが、すぐにそれを言ってしまったのでは、
自分の不注意で招いた事故が、どういう事態になるのかを考えないままになってしまいます。
初めてのギプスに松葉杖状態でテンションが高めですしね。

「どうしよっか?」 「うーん・・・」

可哀想ですが、困った雰囲気と、ちょっと怒った雰囲気を。

何と言えばいいのか、というよりも、
そもそもどういうことなのかが、彼にはよくわからないのでしょう。

ですが、彼の今後を考えると、印象に残るような経過のアプローチをすることが最善です。

「あと2週間。 代役はいません。
きっと、歩くのは無理でしょう。
代役がいれば、あんなに頑張って練習したけど、出たいのに出られないってこともあるわけ。
でもね、今回はボクしかいないわけ。
できないってのが、一番困るのよ。
だから、どうしたらできるかな?ってことを考えよっか」


「じゃぁ・・・座ってやります」

言わせました、ちょっと無理やりですが(笑)

本番まで2回のレッスンでしたが、振付変更にも動じることなく、堂々と演じていました。
自分に自信があることと、責任感があることの証でしょう。。

彼の演技を観たお母さま方が、「おじいさん役の男の子が、グイグイ引っ張ってる感じでしたね。スゴイですね」と、口々に褒めてくださいました。


2年生の終わりから始めたピアノ。
見違えたのは、リョータくんだけでなく、お母さん。
ここまでいろいろありました、本当に。

「発達障害の集まりに行っても、
お母さんたちと話してみて、表面上は受け入れてるようにみえるけど、
本心は違うんだなってことを感じることが、よくあります」


こんな言葉をお母さんからお聞きして、あぁ、ぐりが言うことはもうないなって思いました。

「やっぱり、(親が)自分で気づかんとね」とも。

うんうん、そうかもしれません。
リョータくんのお母さんのように、素直に反省の言葉を口にできるって素晴らしいですね。
思いがけない嬉しい言葉に胸がいっぱいで、うなずくだけでした。

きちんと挨拶ができて、礼儀正しく、素直で謙虚。

お父さんと、お母さんのなさる通りに、彼はやっているだけなのだけれど、
それが、今では彼の一番の強味になっています。
子どもは育てたように育ちます。

スポーツ系と、ピアノの習い事だけで、ここまで適応力を身につけることは、なかなか容易なことではありません。
このご両親、そして、ご家族の結束あってこそのことです。

発表会の翌日は、ご両親揃って筋肉痛だったとか(笑)
お疲れ様でした。
リョータくんは、ミュージカルで、お父さん、お母さんを驚かせようと、頑張っていましたよ。
いろんな意味で、思い出に残る夏休みになりましたね。  


Posted by ぐり先生 at 18:35Comments(6)療育ピアノレッスン

発表会の写真 こぼれ話

2014年09月02日

トオルくん、5年生。
彼は、難治性の病気と共に生きています。

発表会で、作文を発表してもらいました。

最初の1行だけ手伝って、
後は、トオルくんが自分の言葉で書いた文章です。


ぼくは、今、5年生です。
3年生の12月からピアノを始めました。
最初は下手でした。
緑色の本になってから楽しくなりました。
自分から「ピアノをやりたい」と言いました。
今は、やって良かったなぁと思っています。
発表会の曲は、とてもむずかしかったです。
今までで、一番練習しました。
そしたら上手になりました。
今、ぼくは、ピアノをひくと、もっと弾きたいと思います。
今日は、ぼくは、初めての発表会です。
きんちょうするけどがんばります。



『最初は下手でした』『そしたら上手になりました』 と、
自分が素直に感じたままを書いているところが、とても好感をもてます。


後日、お母さんが発表会の写真を選びながら
「トオルは、写真があんまりないけんねぇ」と、ポツリ。

生後、間もなく手術をしてから入退院の繰り返しだったトオルくん。
あぁ、そうか・・・と、胸がつまりました。

筋肉が弱いのも症状の一つだそうで、
ピアノを始めた当初は、か細い指でバラバラに動くはずもなく、
小さい音を出すのが精いっぱいでした。

もちろん体力もなく、学校だけで消耗し、フラフラでやってきては、
ピアノの前で、うつらうつらしたかと思うと、ゴンッと頭をぶつけたり(笑)

手指が硬く突っ張った状態だったトオルくんを知っているお友達が、
ピアノを弾くトオルくんをみて、大変に驚かれたそうです。
また、ミュージカルをしたり、カメラに向かって笑顔でピースする姿にも
ビックリなさったそうです。

「以前はカメラなんて向けたら、スグうつむいて拒絶でした」と、お母さん。


えええええええええええええええええーーーーーーーーーーーっ?!
どんだけ暗いコやったと?(笑)


なんて。

体験レッスンに来たときのトオルくんを思い出されます。
ずっと黙ってうつむいたまま、鍵盤の下にあるツマミをネジネジネジネジ・・・
取れちゃうかと思いました(笑) うそだよん。

「私も、この子がそうだったって、最近忘れてきましたけど」なんて、お母さん。

いえいえ、そんなことは・・・と、また胸がつまります。


彼が発表会で演奏した曲は、『ピアノランドマーチ』『踏まれた猫の逆襲』の2曲です。
音楽的にも非常によく弾けていました。
全員2曲のノルマでしたが、それをこなしたのは彼だけでした。
1年半前は指が動かなかった彼が、どれほど『じょうずになった』かをお察し頂けると嬉しいです。


写真ひとつとってみても、聞いてみないとわからないことってありますね。

お母さん方が、皆さん、楽しそうに写真を選んでいらっしゃったお姿に、
ぐりも隣で見ていて、とてもハッピーな気持ちにさせてもらいました。

そして、改めて写真の良さを感じたのと同時に、
たくさんの人を笑顔にしてしまうような写真を撮ってくださった、
かつきしょうへいさんに撮影をお願いして良かったと心から思っています。

みんなありがとう。


*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○

写真家 かつきしょうへい
おでかけふぉとぐらふ 福岡の家族写真出張撮影 http://odekakephoto.com/  
タグ :療育


Posted by ぐり先生 at 18:53Comments(6)療育ピアノレッスン

ピアノ発表会の写真

2014年09月01日

ぐりも子どもの頃からのピアノ発表会の写真が、何枚も実家にあります。
ほとんど・・というか、どれも弾いている横顔と、みんなで整列してまじめな顔をした集合写真。

ぐりの教室も、過去の発表会は、同じスタイルでした。


マンネリだなー。


企画当初から、様々な事情により、参加人数が大幅に減ったという異例の事態でしたが、
ともあれ、久しぶりのホールでの発表会。


これはチャンス!!


ぐりの教室の生徒さんの中には、みんなと同じ動作や、カメラ目線が難しいお子さんもいらっしゃり、
それが特別に目立つことなく、しかも、みんな自然な笑顔でリビングに飾りたくなるような思い出の写真にしたい。。。

でも、そんなお願いをきいてくださる写真家さんなんて、いらっしゃるかしら・・・。



いらっしゃいました!!!



かつきしょうへい さん。
おでかけふぉとぐらふ 福岡の家族写真出張撮影 http://odekakephoto.com/


HPのギャラリーの写真をみて、「このヒトでしょーっ!」(笑)



「よいしょ、こらしょ、よいこらしょ!」

みんなで大きなかぶを抜いています。




家族での思い出に ということで、
ご家族それぞれにピアノを囲んで記念撮影をしました。

ピアノを弾いているお子さんを笑顔で見守るパターンと、
皆さんでカメラ目線パターン。

かつきさんと二人、汗だくで盛りあげました(笑)



みんなでジャーンプ!!!のパターン。

松葉づえの彼も跳んでた(笑)




画質の粗さと、ネットですので遠目の写真、ご勘弁くださいませ。
(実際にはデータも頂けるので、ご安心を)

他にもたくさん、ドキュメントということで、
観客席でのご家族や、控室で騒ぎながら準備している様子なども撮影して頂きました。

元生徒さんたちから、「私もこんなのが欲しかった!!」という声が聞こえそうです(汗)
ごめんよ、みんな。


ぐりが子どもの頃、何かの拍子に発表会の写真を見返すことはありましたが、
特別盛り上がるということもなく、ふーん・・・という程度で、
また押入れに戻していたときの あの味気無さ。

それは、ぐりが、まだまだ子どもだったせいもあるのでしょうが、
発表会までの過程や、当日も、それほど思い入れがなく、
そのためのレッスンも、ただ間違えずにうまく弾くことだけを求められていたからだったように思います。

そして、形式的な流れと写真。

こんな素敵な写真だったら、見るたびにいろいろ思い出せますよね。


かつきさんには、生徒さんたちが、将来写真をみたときに、
ご家族で思い出を語り合えるような見事なベストショットの数々を撮って頂けました。

そして、生徒さんにもご家族揃っての記念の1枚にして頂けたと思います。

楽しい発表会でしたね。



*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○

写真家 かつきしょうへい
おでかけふぉとぐらふ 福岡の家族写真出張撮影 http://odekakephoto.com/  


Posted by ぐり先生 at 18:35Comments(5)お気に入り

子どもミュージカル

2014年08月11日

16年ぶりにミュージカル『大きなかぶ』を再演致しました。

配役の顔ぶれが揃うタイミングって、
何年やってても、そんなにあるものではありません。
もちろん、ピアノ伴奏も生徒さんにお願いしています。

そして今回、たまたま巡り合わせたみんなと、ご一緒することができました。

16年前も感じたのですが、みんなミュージカル好きね(笑)

本番は緊張や照れもあったりしたようですが、
練習のときは、とても積極的に取り組んでいました。

ピアノもそのくらいやってくださいな(笑)


おじいさんは、夏休みに入ってすぐに足を骨折するというアクシデントに見舞われました。
「きみ、ずっと出ずっぱりなのに、どうする?」 「うーん・・・どうしよう・・・」

すごく悩みましたよ、

10分くらい(笑)

椅子に座って出演することにして、急遽、それに合わせて振付も変更。
変声期を迎え、キーがギリギリでしたが、大きな声でソロやセリフをこなし、
小さい子たちをグイグイ引っ張ってくれました。


おばあさんは、骨折の話と振付変更の話を聞いて、
まず第一声が、「かわいそうやね」だったことが、ぐりは嬉しかったです。
「えー」とか「うそー」とかじゃなくて。

思春期を迎え、恥じらいながらも
大きな声でセリフを言って、これまたみんなを支えてくれました。


まご娘さんは、レッスンのときは、チョーおしゃべりなのに(笑)
人前だとドキドキして、控えめになっちゃう意外さ。

失敗しても、全く引きずらない明るさをぐりは買っています。
いつでも笑顔なのがいい。

ピアノの練習より、ミュージカルの練習のときの方が、イキイキしていました。おいおいっ!


イヌさんは、カブを抜くときに、まご娘に触れていませんでした(笑)
えええええ?!そんな年頃だっけ(笑)

「先生が、どこを持つって教えなかったから、って言ってました」と、後で、お母さんから。

むふふふふふふふふふふ。 そーなん?かわいいもんね、まご娘(笑)

舞台そでで、年下のコたちをかまってくれていたのを ぐりは見逃していません。


ネコさんは、リハーサルで、堂々とやってのけ、みんなが触発されていました。

どんだけ好きなん?!(笑)ってくらい
毎週、ミュージカルの練習『だけ』を楽しみに通ってくれていました。

記憶力に優れ、全部のセリフをすぐに覚えて、
他の人のセリフを言わない、ということを教える、興味深いレッスンでした。


ネズミさんは、2か月の練習で参加してくれました。
「恥ずかしいな」なんて言っていましたが、大きな声でセリフを言えていました。

ミュージカルの練習で、少しずつ自信をつけているようにみえました。

子どもは子ども同士、お兄ちゃんお姉ちゃんたちを真似して、上手にできていました。
お母さんが、一番緊張して、気疲れなさったに違いありません。 おつかれさま


ピアノ伴奏は、レッスン9年目の生徒さん。
結構難しく、夏休みに入ってから、相当頑張った形跡が伝わります。

レッスンの途中で、厳しいことを言われて涙を流す場面が1度だけあったけど、
そのぶん、一層つながりが深まったように思います。
これは、二人にしかわからないことだけど。


そうそう、前回16年前、5歳でねずみ役だったモンチは、もう成人式を終えています。
ぐりもすっかり年とるわけですね。




もう、何年も前ですが、ふらりといらっしゃたクレイジーケンバンドの伊達弦さんと、
セッションさせていただくという、貴重な機会を頂いたことがありました。

その頃、自分の方向性が定まっておらず、煮詰まっていた時期で、
今とは全然違って、極度に緊張する ぐりでした。

「何やってんだー!自分の殻を破らなきゃ!」「ホラホラホラホラ!もっともっとー」と、
ドラムのスティックで背後からピアノの椅子をカンカン叩いて煽られて、
そして、初めて『自分の音』を出せた、と思えたことがありました。

「そーーーーーう!!」と、伊達さんの声に、ぐりの胸の中で少しずつ膨らむ何か。
今でもあの日の光景は忘れられない大切な宝物です。


そんな感覚って、本を読んでも、ネットを開いても得られるものじゃないし、
いつでもどこでも、何度でもっていう訳にもいきません。

子どもたちにも『感じる瞬間』が、あるといいなと思います。
キャラクターに関わらず、それぞれに。

その時わからなくても、後に経験したこととつながることもあるし、
答えは急がなくてもいいんじゃないかな。

知識や技術を得ることも大切ですが、心が動くこと、満たされることも大切にしたいです。


卒琢


ま、無理に殻を破らなくてもいいのですが、
もし、上手く破れないのであれば、外側からちょびっとでも手を貸せたらいいな。


いろんな形の『表現』を経験して、いつか自分を見つけてほしい。

そう考えています。  


Posted by ぐり先生 at 18:35Comments(8)音楽活動