実りの秋 発表会の収穫

2014年10月20日

9月の終わりに、かつきしょうへいさんのブログに、発表会の写真を少し載せて頂きました。

何人か並んでいる中で、パッと目を惹く人ってドコにでもいますが、
やはり、たくさんの人を写していらっしゃるプロの方が選ばれたものも、
ぐりには頷ける理由のある生徒さんたちでした。
「笑顔が素敵だった」とのことです。

発表会に向けて、音楽的に厳しいレッスンを課した生徒さん二名が含まれていたことに笑ってしまいましたが、
容姿や演奏技術、そういったものではなく、日々の暮らしにより形成された
内面から溢れる『きらめく何か』が、カメラの一瞬に収められたのだと思います。


そのうちの一人でもあるトオルくん、5年生。
『発表会の写真 こぼれ話』にも書かせて頂きましたが、
発表会を終えても尚、彼の躍進はとどまるところを知りません。

それどころか、向上心の塊のように、
毎週意欲的にレッスンに取り組む姿に驚かされます。


『競争』

発表会で他の子どもたちと触れ合い、同じピアノを弾く姿を目にし、
非常に限られた狭い中ではあるものの、
自分の中での『上手な人ランキング』のようなものに目覚め、
「ピアノだったらボクでも」と、大きな自信がついたのか、
初めて見せる、他を意識した『負けたくない』という顔。

トオルくんのスゴイところは、『他』が『自分』だというところです。奥が深い、、、
頑張ったのも自分、手を抜いたのも自分
精神は、修行僧そのもの・・・(汗)

そして、メンタル面の向上に伴いピアノが上達するにつれて、
トオルくんの様々な機能面も格段にアップしています。

ぐりのレッスンは機能訓練も兼ねているので、独特ですし、ハードでもありますが、
トオルくんは、本当によくついてきます。

そのせいでしょうか。
トオルくんの隣に座っていると、言葉では表せない前向きなエネルギーを感じ、
また、それをもっと強めていける、というような、ワクワクする不思議な気持ちになり、
毎回時間があっという間に過ぎてしまいます。

先日、そのことをお母さんにメールでご報告したところ、次のようなお返事を頂きました。


実は、お伝えしようと思っていたことがあり、
それが先生が感じていらしたことと近い話で、ビックリです(笑)

5年生になってから、学校の授業進度についていくのは大変になったという事実がありながら、
何かはわからないけれど、なんとなく『いい感じになってきた』と私が感じていて、
それを病院で発達を診てもらっている先生に話したところ、検査をしてみましょう!と。

で、夏休みに検査して先日私一人でその結果説明を受けたのですが、
先生の第一声が、 「非常に興味深い結果でした」と。

簡略すると、凸凹が小さくなった のです。
トータルのIQは1年前より少しさがっているものの、それは特に問題視することではなく、
凸凹が小さくなったってことが、本人にとって非常に良いことだと。

何かしましたか?と尋ねられたので、ピアノ・・・と、ちっちゃい声で答えました(笑)
・・・その先生にも長いことお世話になってるので(汗)

時間をかければやり遂げられることを、
本人が発表会で確信したことで、さらにやる気に火がついた感じもします。
その力を持って、彼の大好きな競争社会で(笑)がんばってほしいと思います。


もうすぐ丸2年。
ブログには書いていない道のりもあるわけでして。

何かをやり始めたときに、なかなか結果が得られなくて、ある時、突然につながることがあります。
英語とか、自転車なんかがわかりやすい例えでしょうか。
ソコにたどり着く前に不満を言ったり、諦めてしまうという人も少なくないと思います。

トオルくんが、本当に実力をつけていると感じさせるのは、
彼が自発的に一人でコツコツ練習し、言われたことを素直にそのままやるというところです。

習得までの回数が多いのが、発達の面からくるものなのでしょうが、
トータルのIQが少し下がったのも含め、活動エネルギーの消耗も大きく関係していると思います。
それに自力でやっているのですからね、見守るお母さんも素晴らしいです。

そういった部分を補い、工夫してこなす方法を トオルくんと練習しています。

それらが日常でも反映されるように。
そして、少しずつ成果が見えてきています。

記憶力、想像力、表現力、瞬発力、バランス機能、協調運動、視覚、聴覚、指先の感覚・・・
トオルくんはレッスンで、数値には表れないたくさんの能力も身につけました。
伸びしろは、まだまだ未知数です。


トオルくんの将来に、嬉しい誤算で(笑)新たな希望が膨らみ、さらに忙しくなったお母さんです。

ご自分は無理してでも子どもの為に、という親御さんのお気持ちには、
本当に頭が下がりますし、できる限りのことをさせて頂こうと思います。

「ピアノで良くなった」と、言われることは、ぐり自身とても嬉しく有難いことですが、
困難の多いお子さん程、それまでにも多くの方々が関わっています。
その方々の支えがあってこそ、トオルくんと巡り合えたのだと、ぐりは思っています。

お母さんの、そんな方々への細やかな気遣いも、お人柄を感じさせるところですね。


最近、縄跳びもできるようになったトオルくん。
ほんの数年前まで、足の長さを調整する装具を付けていたなんて、
今のトオルくんを見て、誰が想像できるでしょうか。

やってみたい、やってみよう
どうすればできるかな、できるまでやろう

そんな気持ちは、トオルくんの何にも代え難い大きな財産となっています。

レッスンで培った『学びの種』は、
能動的な知的好奇心、探究心、活動をしっかり支える根を生やし、
理解を深めることで、本当に世界にひとつだけのトオルくんの花を咲かせることでしょう。
とても楽しみです。

トオルくん、ぐりはいつでもトオルくんを応援しています。

ありがとう♪



同じカテゴリー(療育ピアノレッスン)の記事画像
春遠からじ
やってやれないことはない
そして普通級へ
ピアノで磨かれる感性
臨機応変に~ハプニングにも学びあり~
発表会の写真 こぼれ話
同じカテゴリー(療育ピアノレッスン)の記事
 春遠からじ (2017-04-25 21:00)
 やってやれないことはない (2015-05-01 12:12)
 そして普通級へ (2015-03-31 15:15)
 ピアノで磨かれる感性 (2015-02-16 15:38)
 臨機応変に~ハプニングにも学びあり~ (2014-09-08 18:35)
 発表会の写真 こぼれ話 (2014-09-02 18:53)

この記事へのコメント
以心伝心!
信頼関係あってのことですね。
私もピアノを高校まで続けさせてくれた母に感謝してます。
トオルくん、頑張って!
Posted by まつい りな at 2014年10月21日 10:25
ほんとに興味深い結果。
凸凹が小さくなるって、単なる発達遅滞に近づいたってことだよね。
それは、要領が悪いとか、時間が掛かるとかいうことで、
生きづらさは軽くなったってことだよね。

素晴らしい。
ぐりさんも、トオルくんも、お母さんも。
Posted by ぐっさん at 2014年10月21日 17:46
打ち込めるものがあるなんて素敵です。
私も、それを応援してやれる親でありたいです。
嬉しい誤算したいなー!!
Posted by なっちママ at 2014年10月22日 14:48
この年齢で『他』は『自分』の精神とは。
さすが、ぐりさんの生徒さん。
Posted by なかじー at 2014年10月22日 21:02
体育会系ピアノ教室ww
ピアノでそこまでの能力とメンタルが磨かれるとは。
ぐりさんを選んで、続けさせるお母さんのセンスにイイね!1票。
Posted by ミッツ光本 at 2014年10月24日 11:39
皆さま、一般的なピアノ教室では、そこまでにはなりませんよ(笑)
Posted by フェリーチェ稲森 at 2014年10月26日 15:12
ぐりさんのところでやってもらっていることを
それぞれ別々に受けに行くとしたら、
お金、時間、労力と、すごいことになる。

しかも、さほど成果はあがらないww

目先のケチりのツケwは、忘れた頃にやってくる。

それは人災ww

トオルくんのお母さん、ブラボー。
Posted by ニシダヒガシダ at 2014年10月27日 09:15
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。